DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

~好きすぎて タカ・カスタム~ 考察 通常品との違いを見てみる (;´・ω・)

ヤフオクで入手したWA ワイルドホーク

 

 

どん

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200401005704j:plain

 

この銃はパッと見、スライドのブルーイングが目立つので、気になりませんが、製作者さんの工房HP(※当時:2020年現在はブログになっていらっしゃるようです)で紹介されていた「タカ・カスタム R-Type」の細部のこだわりが全て再現されているのです。

 

今回は考察として、最初に新品で購入したものと、並べて比較をしてまいりマス。

 

まずは2挺を並べてパチリ

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200405015229j:plain

上:新品で購入したワイルドホーク

下:ヤフオクで落とした怪しいワイルドホーク

 

照明が反射してしまうほど、しっかりとしたブルーイング処理(笑)

 

それでは細部を比較いたしましょう。

 

まずはセイフティです

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200405015329j:plain

 

奥:ノーマル ワイルドホーク

手前:アヤシイ ワイルドホーク

 

やっぱりセイフティが違う・・・(=゚ω゚)

 

そしてグリップのメダリオン

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200405015320j:plain

 

奥:ノーマル ワイルドホーク

手前:アヤシイ ワイルドホーク

 

ココも違う、COLTメダリオンになってる・・・(=゚ω゚)

 

まぁ、でもこの辺は部品を交換すれば・・・ね、なのですが、

 

次に、メインスプリングハウジングを見てみると

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200405015316j:plain

 

奥:ノーマル ワイルドホーク

手前: アヤシイ ワイルドホーク

 

ステッピング加工がしてある。

恐らく、やすりで丁寧に削ったのでしょう。この銃の前の持ち主はすごくこだわったのだな・・・と推察し、次はフロントサイト

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200405015335j:plain右側:ノーマル ワイルドホーク

左側:アヤシイ ワイルドホーク

 

やっぱり通常品はドーブテールで、怪しい方はフィクストだ・・・(=゚ω゚)

 

おまけにスライドの青がヤベェくらいに輝いてます。

ブルーフィニッシュされている銃みたい。

 

極めつけはココ

スライドの側面に彫られている溝です

 

まずはノーマル ↓

スライド側面の切込み角度は45度です。

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200405015326j:plain

 

そしてアヤシイ ワイルドホークは・・・

90度!しかも元は45度だったと思しき個所を手作業で削りなおしている跡があります。

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200405015457j:plain

 

これって・・・

 

 

「旭工房でカスタム

  されたものなのでは・・・?」

   (=゚ω゚)ノ まぢかー

 

 

このスライドのブルーといい、各所の細かいところを見ても、一般のユーザーがカスタムしたようには到底思えないのデス。

 

 

というわけで、ひょんなことから我が家にやってきたワイルドホークは、限りなく本物の「タカ・カスタム」に近い、とんでもない代物でした。

 

 

入手してから約11年。旭工房製なのかどうか、いまだ不明。

ですが、私にとっては「タカ・カスタムに限りなく近いワイルドホーク」です。