DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

万SAI堂でゲットしたお宝 クローズアップ③ ~KSC バーション不明のM93R 実射編~

さて

 

 

バージョン不明のM93Rですが、

マガジン修理まで待ち切れませんので、

手持ちのマガジンで発砲動画行きます。

 

なお、手持ちのマガジンは通常の

グリップ下にも伸びているタイプと、

もう1本。

M9用のショートマガジンです。

はたしてこのM9用のショートマガジンは

M93Rにも使用できるのでしょうか?

 

この2本で初速の差や動きなどを

チェックします。

 

弾はいつもの0.2gバイオ弾です。

どぞ! (・ω・)ノ

 

 

youtu.be

 

 

 

1発目・・・82mps

2発目・・・80mps

3発目・・・78mps

4発目・・・78mps

5発目・・・77mps

6発目・・・77mps

7発目・・・76mps

リロード(*'▽')

8発目・・・76mps

9発目・・・77mps

10発目・・・75mps

11発目・・・75mps

12発目・・・75mps

13発目・・・75mps

14発目・・・69mps

 

となりました。

 

1~7発はノーマルマガジン

8~14発はショートマガジン

それぞれ撃ち比べましたが、

射手としての感想は以下の通り

 

・初速は大差ない

・明らかにショートマガジンはキックが弱い

・かといってロングマガジンもキックが強い

 わけでもない。

 

というくらいです。

 

元々ジャンクで動くかどうかも

確認の出来なかった銃ですから、

動いただけラッキーです。

 

後程屋外で発砲動画を撮影して

お目に掛けますので、お楽しみに。

 

なおワタクシ、ベレッタM93Rで思い出すのは

「リトルコップ」第3巻のリトル・ルパンです。

 

リトル・ルパンがハワイでのリベンジに来日し、

矢車刑事に扮して、覚せい剤の横取りや、売人への

暴力などを働いた際に使用していたのが、

コンペンセイターの無いオリジナルのM93Rでした。

 

 

それともう一人

 

 

これも古い話で申し訳ないのですが、

西部警察パート3 最終回

この物語における最初のシーンです。

 

ICPOのシンポジウムでパリに来ていた

大門刑事(演:渡 哲也氏)が、

「今からテロリストのボス『ガストン・レグレス』の

 逮捕が行われるが、立ち会うか?」といわれ

 

ぜひ ( ■`д■´) 

 

と答えます。

 

 

そして警察がアジトを取り囲み、

包囲されたガストン・レグレスが

懐から抜いた銃・・・

それがM93Rでした。

 

昭和の時代のプロップガンだと思うのですが

凄くキレイに作動していました。

 

スローモーションで警官に応射する

ガストン・レグレスの姿が映っていますが、

マズルフラッシュも鮮やかで

ブローバックも快調でした。

 

すばらしい。

 

・・・ついつい思い出に

ふけってしまいました。

 

 

以上、万SAI堂で発見したお宝銃の

クローズアップでした。