【考察:物語と銃】~theEDGE~  第3話 ⑪「CIDG」のバタフライナイフを作ろう

今回、号外で手に入った

Llama Pressinを

御子神の偽装したモデルに近づけたくて

折れた刃を取り付けてみた

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210327232333j:plain

 

で、今回の記事を作るに当り

思い付いたコト

 

 

 

 

そうだ!

バタフライナイフに偽装した

プレッシンを作るのなら、

逆にプレッシンに似せた

バタフライナイフも作らなきゃ!

 

 

です。

 

 

というわけで、

製作開始となりまシタ。

 

 

 

まず用意したのは

バタフライナイフ

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210328004443j:image

 

そんな物騒なモノを

(:・∀・)

 

と、お思いの方、ご心配なく。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210328004516j:image

 

よく見てみると

刀身に穴が???

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210328004418j:image

 

これは刀身が穴の開いて板で出来た

練習用の「ダミーナイフ」なのです。

刃も研がれておらず、

先端も丸められており、

ケガの心配無用・殺傷能力のないモノです。

 

 

 

でも、

 

 

 

刀身とグリップが同じ色だと

雰囲気が出ませんね。

 

 

 

 

そこで

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210328004556j:image

 

アルミテープ

 

 

 

コレを刃の部分に貼り付けて

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210328004536j:image

 

即席ですが

キレイな銀の刃に


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210328004433j:image

 

なりませんでした

(;´・ω・`)

 

貼り方が雑で、

フィンガーチョコ

みたいな仕上がりに

 

 

 

で、キレイに貼り直して

比較してみる

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210328004437j:image

 

左:最初に貼った雑な方

右:後から貼り直した方

 

 

 

まぁ・・・

いいでしょう

(;´・ω・) 適当だな…

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210328004524j:image

 

グリップもプレッシンぽく

仕上げますので、黒い板を用意

 

 

プレッシン本体を板の上に寝かせて

形を鉛筆で毛書き


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210328004405j:image

 

こんな形


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210328004409j:image

 

次にカッターで切り抜きます。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210328004548j:image

 

なおこの時、カッターを

ターボライターで炙りアツアツにします。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210328004601j:image

 

そうする事で、この素材は

スススーゥッとカッターが進み

力を入れずにラインに沿ったカットが

出来るのであります。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210328004455j:image

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210328004430j:image

 

まずは一枚の大まかなカットが終わり

遠目に見れば分からない…かな


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210328004544j:image

 

次にこの
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210328004508j:image

 

本体の段差があるところを再現する

プレートを切り出します。

 

それらパーツの切り抜きが終わったら

今度は両面テープでグリップに貼りつけます。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210328004426j:image

 

安心と信頼のゴリラテープ。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210328004553j:image

 

グリップに合わせてカット・貼り付け


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210328004540j:image

 

すると、こんな感じ


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210328004504j:image

 

グリップのサイドに切り抜いたパーツを

貼り付けていきます。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210328004451j:image

 

おお!それっぽい!

んで、赤い丸のシールをペタン。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210328004414j:image

 

おお!更にそれっぽい!!


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210328004422j:image

 

段々と気分が乗ってきて

サクサクと仕上げに掛かる

 

出来た!


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210328004512j:image

 

御子神鋭士が使用した

バタフライナイフ


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210328004500j:image

 

第1話の取調室で、

マジックミラーに向かって投げた

CIDG仕様のナイフ


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210328004528j:image

 

畳んで置いたらパッと見プレッシン

(  ・∀・)♪

 

 

そしてプレッシンの

折れた刃も再現

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210328004532j:image

 

貴様のナイフは確かに鋭い

いいナイフだ


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210328004447j:image

 

ゲームを楽しむデイビス

御子神のナイフをへし折り、

余裕の一言

 

 

しかし最後は

この決め台詞

 

お前のゲームに

俺がoverの文字を

刻んでやるよ

 

 

 

(グッ・・・)

※トリガーを押し込む音※

 

 

タアァ・・ン

 

 

「7人・・・」

 

 

空港テロの実行犯、最後の一人

デイビス・ウィルバーを始末した事で、

確かに彼の言うゲームは御子神の手により

overとなった。

しかしこれはテロネットワークと

御子神達CIDGとの全面戦争の始まりとなる。

 

 物語はさらにディープな世界へ。

 

 

詳細はぜひ本作を

ご覧ください。

 

 

 

 

さて、号外により

私のプレッシンを追い求めた日々も

overの文字を刻みましたが、

それは「夢を手にしている日々の始まり」

 

 

 

 

 

そして

 

 

 

 

 

 

 

 

今、私の身にある事が起きています。

 

 

 

 

 

 

そう

 

 

 

 

 

 

MGCPPCさんは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「夢を手にした後の景色」と、

私の背中を優しく押してくださったハズ

だったのですが、実は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういう時に限って床がツルツル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  \ちょっとちょっとー/

三"""((((;゚Д゚)

 

 

 

 

 

 

 

MGCPPCさんっ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いま私の身に起こってる

「とある」出来事は

 

 

 

 

 

 

 

 

間違いなく

アンタのせいだ(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

背中を押した人

背中を押された人

床の状態(笑)

 

 

 

 

 

 

 

全ての条件を満たすと・・・

 

 

 

 

 

 

後ほど記事にしますので、

心して見てください

 

 

 

 

(;´・ω・)さすがにやばいよ

 

 

 

 

 

 

 

 

【考察:物語と銃】〜the EDGE〜

第3話について

 

 

 

1989年の自分に向かって一言

 

 

 

 

 

オマエの

プレッシンを

追い求めた日々に

俺がoverの文字を

刻んでやるよ

 

 

 

 

 

それと

 

 

追い求める日々に

もうStartの文字が

刻まれてるサ