DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

(*・ω・)ノ珍しく新品レビュー②タナカワークス S&W M15 コンバットマスターピース 開封を・・・するッ!

2021年

夏のボーナスで購入を決意していた

タナカワークス S&W M15

コンバットマスターピース

ペガサス ver3

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210813095003j:image

 

 

新品ではありますが、すでに発売から数か月。

多くの方がレビュー済みですので、

今更感がありますが、簡単にクローズアップを

させていただきます。

 

 

\クローズアップワショーイ/

 (/・ω・)/

 

 

■全景(左)■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210813094950j:image

 

 

このコンバットマスターピース

一見、Model19・・・コンバットマグナムに

近い雰囲気の外観をしています。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210813094934j:image

 

 

 

M327や360PD といった近代リボルバー

新しいデザインに見慣れてしまうと

かなりクラシカルな感じを受けるこのカタチ

 

 

「古めかしい」という印象もありますが

リボルバーのお手本然とした佇まい。

 

 

 

 

■バレル■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210813094959j:image

 

 

 

 

コンバットマスターピース

一番の特徴ともいえるのが、

このバレルかもしれません。

エジェクターロッドシュラウドがなく

コンバットマグナムに比べてスリムな印象。

 

 

 

■F・Rサイト■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210813094941j:image

 

 

 

フロントサイトは大型で狙いやすいタイプ。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210813095030j:image

 

 

 

アサイトはフルアジャスタブル。

購入前より皆さんのレビューでは

「命中精度がイイ」

「弾がまっすぐ飛んでいく」

 

と概ね性能については好評の様子・・・

 

このサイトでしっかりアジャストすれば

シューティングも楽しめそう。

 

 

■全景(右)■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210813095022j:image

 

 

ワタシの個人的な印象ですが、

ジーパンに挿しておきたい銃」

 

 

どちらかというとホルスターにカッチリ

ではなく

ラフに所持していたい・・・そんな感じ。

 

 

■刻印■

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210813094928j:plain

 

 

左側は「SMITH & WESSON」

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210813094924j:image

 

 

 

そして右側の刻印

これは「38 S&W. SPECIAL CTG」

 

38口径のリボルバーと打たれています。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210813094954j:image

 

 

 

フレーム刻印。

こちらは「MADE IN U.S.A」ですね。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210813095017j:image

 

 

こうやってロゴが刻印されているということは

ライセンスを取得したということでしょうか。

化粧箱も実銃そっくりだし、表示もそれっぽい。

恐らくS&W社公認モデルということでしょう。

 

 

■トリガー周り■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210813095011j:image

 

 

パーティングラインは処理済みです。

しかし光の加減では薄っすらと

張り合わせ面の跡が確認できます。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210813094920j:image

 

 

 

縦に溝が入ったトリガー。

引きやすいです。

 

 

なお実銃の様に各所のスプリングが硬いと

こうしたグルーブの入ったトリガーだと

一日中練習していると指が痛くなるという

シューターの声があるようです。

 

 

トイガンとしては、こうしたエッジの立った

パーツ仕上げが好まれますね。

 

 

■ハンマー■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210813095007j:image

 

 

 

筋目ヤスリで彫り込まれたチェッカリング

そして若干ワイドなハンマーです。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210813095026j:image

 

 

同じS&WのKフレーム

M13との比較ビュー。

 

 

引きやすいようにM15が幅広なのか?

 

逆に衣服への引っ掛かりを減らすよう

M13がスリムにされているのか?

 

 

どっちなんだ??

 

 

せっかくなので、

COLT社のリボルバーとも比較してみます。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210813095034j:image

 

 

 

まずはパイソンとの比較。

アンダーラグの有無、そしてグリップの形状。

比較するとパイソンは骨太なイメージが大きい。

 

 

 

 

ハンマーを見てみる。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210813094938j:image

 

 

 

パイソンのハンマーがは大きい。

もっとも357マグナムを発砲する銃なので

パーツの一つ一つが大柄になるのも

何となく合点がいく。

 

 

COLT社のリボルバー

M15に近いモデル・・・何だろう?

 

 

 

 

これかな?

 

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210813094946j:image

 

 

コルト ローマンMkⅢ 4インチ

・サービスサイズグリップ

・アンダーラグなし

 

パッと見、確かに大きさが近い。

しかしM15の方がサイトが大きく

スタイリッシュに見えます。

 

 

 

 

 

 

このM15というモデルは

S&W社のKフレームリボルバーの中でも

独特な存在感がアリマス。

 

 

M10よりもしっかりとした印象

M13よりも精悍な佇まい

M19よりもスリムでシンプル

 

 

 

ワタシ、このM15が大好きで、

中学生の頃から欲しくて欲しくて・・・。

 

 

 

というわけで、まずは簡単に

画像によるレビューでした。

 

 

続いて発砲動画をご覧いただきます。

 

 

 

\新品レビューわしょーい/

 (/・ω・)/