DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

ジャンクで¥1,000のベレッタに、もう一度魂を吹き込む

前出記事で分解を終えていた

マルゼン ベレッタM93R

固定スライドガスガン・・・

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211024032259j:image

 

 

・・・のマガジン放出バルブ

(;´・ω・)

 

 

 

 

ガス漏れ修理編

続きに取り掛かりますよ。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211024032209j:image

 

 

バルブシャフトにも2本

Oリングが掛かっています。

 

 

インパクトバルブ側の1本と・・・

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211024032243j:image

 

 

放出口側にもあるもう1本。

 

この2本を外して新しいものにかけ替えます。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211024032254j:image

 

 

このように精密ドライバーでクルンとねじります。

 

なおこの時、力を入れすぎてバルブシャフトに

キズを付けないように要注意です。

 

シャフトにキズが入ったらこんどは

Oリング交換しても漏れが止まらなくなります。

そうなったら・・・部品交換です。

 

 

慎重に作業を進めていきます。

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211024032230j:image

 

 

次に放出バルブ本体のOリングを変えます。

バルブシャフトの時と同様に、精密ドライバーで

このようにめくるように中に入れ、

ひねりながら取り外します。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211024032222j:image

 

 

 

くるりんぱ

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211024032301j:image

 

 

そして購入しておいた

新しいOリングのセット

 

 

取付前に儀式を・・・

 

 

 

 

(ブシュ・・・)


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211024032225j:image

 

 

 

封を開けたらシリコンスプレーを吹きます。

以下に新品とはいえ、「いつ製造されたモノか」は

分かりません。

 

 

こうして最初にスプレーを吹いておき

Oリングへ充分に潤いを与えます。

 

 

あとは逆の手順でOリングを取り付けて

組立て戻して完了です。

 

 

 

組立後の注意点ですが、

いきなりガスを入れてはいけません。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211024032206j:image

 

 

ガス漏れ修理のあとは「気密テスト」が

必要なのですが、この時、いつもの発砲時と同じ

ガスの注入方法をしてはいけません。

冷えた冷媒ガスがいきなり新品Oリングに当たると

急激な温度の低下でゴムが劣化したり、

痩せてしまったりして新品ゴム→即劣化という

サイクルを生んでしまいます。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211024032235j:image

 

 

 

そのため、以下のようにして

圧力を掛けていきます。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211024032203j:image

 

 

ボンベを上向きにシテ

少しずつガスを入れていきます。

 

 

この方式だと、液化ガスではなく、

気化されたガスのみが注入されていくので

新品のOリングを痛めることなく

気密テストできます。

 

またタンク内から外に張り付くように

Oリングをなじませるためにも、

この方式が望ましいです。

 

 

約1分間

マガジンに耳を当てても音はしない。

・・・完了だ。

 

 

 

そして今度はガスを本格的に注入し、

初速を測ってミマス。

 

0.2gでの計測結果です。

 

1発目f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211024032233j:image

 

 

2発目
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211024032219j:image

 

 

3発目
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211024032256j:image

 

 

4発目
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211024032214j:image

 

 

5発目
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211024032238j:image

 

 

成功だ・・・
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211024032304j:image

 

 

続いてもう1本のマガジンも・・・

 

 

 

 

 

1発目
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211024032248j:image

 

 

2発目
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211024032251j:image

 

 

 

3発目
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211024032246j:image

 

 

4発目
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211024032217j:image

 

 

5発目
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211024032227j:image

 

 

よしっ・・・こっちも成功だッ!

 

 

 

 

というわけで、今回の経費として・・・

¥1,000(サプレッサ付きの銃本体とマガジン2本)

   ¥895(Oリングセット2本分)

¥1,000(パドルホルスター※M92用)

 

・・・しめて¥2,895(税込)で、

以下のセットが出来上がりました。

 

 
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211024032241j:image

 

 

また、パドルホルスターも

M92用を加工してM93Rが入るようにしました。

 

仕上がりはこんな感じ・・・

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211024032211j:image

 

 

トリガーのロックもバッチリかかる。

それでいて素早いドローも行える。

 

来週のサバゲーではコイツを使います。