DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

第5章 下駄箱ガンロッカー時代 タカのM586 リベンジだぜ!

週末のルーティンで行っていた

子どもたちのスイミングスクールの送迎。

 

その途中にあったリサイクルショップで

タイミングよく見つけた銃・・・

マルシン S&W M586

Xカートリッジ。

 

 

 

あぶない刑事の劇中そのまま

ブラウン管から取り出したようなディテールと

反比例している実射性能・・・

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211017001730j:plain

まぢですか・・・

(;´・ω・)

これじゃあ

クラウンの10禁エアコキと変わらん・・・

 

 

 

 

こうしてマルシンS&W M586の購入は

暗い影を落とすことになったのですが、

どうしてもこれに納得がいかなかった。

 

 

 

そんな折・・・

 

 

 

仕事で名古屋市にやってまいりました。

商用をチャチャッと片付けて、

(せっかく来たんだモン・・・)

 

 

市内のガンショップ巡りをすることにしました。

そして名古屋の有名ガンショップと言えば・・・

そう、ガンショップ天龍さんです。

 

 

 

 

そこで何と、中古コーナーに

マルシンS&W M586が・・・!

そして価格もさほど高くはない。

 

 

(; `■д■´)

リベンジだぜベイビー

 

 

 

というわけで、2挺目のM586を購入。

それと、1挺目である程度分かっていた

「ある問題」を解消すべく、このM586は

購入後すぐにカスタムいたしました。

 

 

 

 

まずは見た目から・・・

 

 

 

 

 

 

 

動くなベイビー

どん!

 

 

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211114012431j:image

(;´・ω・)

見た目はフツー

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211114012535j:image

(;´・ω・)

カスタム済みと

言われましても・・・

 

 

 

 

 

 

ココまではさっぱりわからないでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

実はこのS&W M586が違うのは

これなんですよ・・・

 

 

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211114012508j:image

 

 

 

 

後方保持カートリッジが

使用できる様に、

シリンダーを改良。

 

 

 

してあるのです。

 

 

 

 

ちなみに装填してあるカートリッジは

グンゼ産業のエアリボルバーM586用の

純正メタルカートリッジです。

 

 

 

なぜ後方保持に?

 

 

 

それは

カート式リボルバー

先端保持式よりも

後方保持式の方が

パワーが出るから

 

 

であります。

 

 

 

 

その証拠に、まずは最初に買った

ハズレ個体のM586にカスタムシリンダーを入れ

初速測ってみますとね・・・

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211114012444j:image

ガスタンク:21.9℃

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211114012447j:image

↑:後方保持1発目

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211114012406j:image

↑:後方保持2発目


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211114012339j:image

↑:後方保持3発目


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211114012506j:image

↑:後方保持4発目


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211114012511j:image

↑:後方保持5発目

 

 

これがあのハズレ個体だった

M586なのですよ。

全然パワーが違う・・・

 

 

そしてこの数値・・・

覚えておいてください。

 

 

 

 

 

 

そして比較用に・・・

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211114012442j:image

先日も計測しましたが、

これは純正カートリッジです。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211114012345j:image
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211114012420j:image

ガスタンク:22.5℃

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211114012525j:image

↑:純正先端保持1発目


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211114012348j:image

↑:純正先端保持2発目


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211114012522j:image

↑:純正先端保持3発目


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211114012417j:image

↑:純正先端保持4発目


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211114012328j:image

↑:純正先端保持5発目


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211114012527j:image

↑:純正先端保持6発目

 

 

 

というわけです。

 

 

 

 

なおこのカスタムしたシリンダーは

他社の38口径(357/38)カートリッジも

使用できるようになっています。

 

 

 

まずはコレ・・・

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211114012409j:image

コクサイ

初期型357マグナムカートリッジ

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211114012439j:image

 

 

これも装填と発射が可能です

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211114012337j:image

 

装填した時のビュー・・・

リムに刻印が入っているので

気分が上がります。

 

 

これで初速を測ってみマスと・・・

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211114012423j:image

ガスタンク:22.2℃
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211114012538j:image

↑:コクサイ先端保持1発目


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211114012412j:image

↑:コクサイ先端保持2発目


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211114012401j:image

↑:コクサイ先端保持3発目


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211114012519j:image

↑:コクサイ先端保持4発目


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211114012358j:image

↑:コクサイ先端保持5発目


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211114012428j:image

↑:コクサイ先端保持6発目

 

 

 

と、こんなカンジです。

なお同じ357マグナムのモデルアップでも

メーカーによりカートの太さや長さが異なり、

ケース長やパッキンの気密性能でも

この数値変化いたしますが、後方保持の方が

先端保持より明らかに初速が高いのデス。

 

 

 

その証拠に、後方保持のカートリッジを

もう1種類試してみます。

 

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211114012458j:image

クラウン オーセンティックカート

パイソン用・・・デス。

 

ちなみにクラウンさんのオーセンティックカートは

■S&W用

■COLT用 と

2種類あるのですが、違いはコレです。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211114012342j:image

 

1発ずつ取り出したカート

左はCOLT用で、右はS&W用です。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211114012533j:image

 

 

全体的にストレートな形状がCOLT用で

S&W用はリム付近に段差があるのデス。

 

 

そのため

S&Wリボルバー・・・両方OK

COLTリボルバー・・・専用品のみ

 

ということになりマス。

何でわざわざ振り分けたんだろう・・・

 

 

 

で、ワタシのM586はオーセンティックカートも

使用できるのデス。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211114012501j:image

 

 

ホラね。

でも、オーセンティックカートは径が太く

このシリンダーではかなりキツイ。

排莢がスムーズに行えないのが実情ですが

弾切れ後の装填はスイングアウトして

プライマー部にBB弾を込めればいいので

発砲には支障がないんです。

 

スピードリロードは出来ませんが、

自宅で的撃ちしている時ならば、

のんびりと弾込め出来るので

これはこれでいいカモです。

 

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211114012450j:image

 

 

余談ですが

オーセンティックカートにもリム刻印があり

■S&W用・・・黒文字

■COLT用・・・赤文字  になっています。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211114012425j:image

ガスタンク:22.1℃

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211114012455j:image

↑:オーセンティック後方保持1発目

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211114012334j:image

↑:オーセンティック後方保持2発目


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211114012351j:image

↑:オーセンティック後方保持3発目


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211114012503j:image

↑:オーセンティック後方保持4発目


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211114012514j:image

↑:オーセンティック後方保持5発目

 (手元が狂って跳弾してしまった)


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211114012415j:image

↑オーセンティック後方保持6発目

 

 

 

どうです?

やはり後方保持の方が

何もしていなくても数値が高い。

 

 

なお画像の順番に連続して撃っており、

その間、ガスの継ぎ足し再充填等は

一切行っていないのデス。

 

 

では最後にこのカートリッジを

使用してみましょう。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211114012433j:image

 

 

これはマルベリーフィールドの

東京マルイ初期型パイソン・M19用の

カートリッジです。

 

 

後期型の同銃はチャンバー構造の改良により、

C-tecやキャロムショットのように

弾頭部が稼働するカートリッジでないと

発砲出来ない様になっていますが、

このM586は前期用も後期用いずれも使用可です。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211114012331j:image
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211114012436j:image

 

 

これ・・・いいんだよなぁ

リム刻印はあるし、シルバーのケースだし

弾頭部は銅でコーティングされてるし

 

 

マルイの初期型パイソンをPPCにして

リアルカートにカスタムしたやつを

よくレンジで撃って遊んだっけ・・・

仕事が終わった後、黙々と撃ち続けたな・・・。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211114012452j:image

ガスタンク:22.1℃

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211114012323j:image

↑:マルベリー先端保持1発目


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211114012404j:image

↑:マルベリー先端保持2発目


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211114012516j:image

↑:マルベリー先端保持3発目


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211114012530j:image

↑:マルベリー先端保持4発目


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211114012353j:image

↑:マルベリー先端保持5発目


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211114012356j:image

↑:マルベリー先端保持6発目

 

 

 

 

となりました。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211114012326j:image

 

 

というわけで各社の357マグナムカートリッジで

撃ち比べしてみましたが、やはり後方保持の方が

パワーがアリマス。

 

 

理由は一つで

「クリアランスによるガスロスが少ないから」

です。

 

後方保持はファイヤリングピン部にある

ガス放出口からBB弾が密着してますが、

先端保持だと放出口からBB弾までの距離が遠く、

そこの空間を圧力で満たす必要があります。

 

この小さな空間の有無が結果を左右します。

 

 

ネットで色々と見たけれど、

純正の先端保持カートリッジでもアタリ個体ならば

0.2gで50mps程度出る、そんな個体もあるようです。

 

 

 

で、

リベンジカスタムの第1弾は

BB弾を後方保持にした・・・でしたので、

内部ノーマルの1挺目のM586に

カスタムシリンダーを組込んで計測しました。

 

次の記事では各種内部調整を行ったM586に

後方保持カートリッジで計測します。

 

果たして初速はどうなったのか?

 

それをお目に掛けます。

 

 

(。■`ω■)y-゜゜゜