DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

「安いじゃん!」と感じたワケは・・・?

安いじゃん!

 

 

 

 

オークションサイトを見て

そう感じたワタシが何も考えずに

軽い気持ちでポンと落札した

マルシン S&W M629初期型

ガスリボルバー

 

 

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220710023103j:image

 

 

 

 

一体何をもってして

「安い」だったのか、

今日はその理由を紐解きます。

(;´・ω・)

 

 

 

 

M629を落札した金額は

ズバリ¥6,000

 

 

 

この機種は新品で¥7,800くらいだったと

記憶しています。

 

 

 

しかも30年も前のシロモノで、

性能だってたかが知れています。

 

 

 

 

それを安いと感じさせたのは、

付属していた「あるもの」に理由あり。

 

 

 

 

 

 

どん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220710023117j:image

 

 

 

純正オプションの

真鍮カートリッジ x18発

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220710023037j:image

 

 

 

実はこの真鍮カートリッジ、

オークションでは非常に高値。

確か新品で¥1,200位だったと思いますが

現在だとそれ以上の競り合いになることもある

 

 

 

 

あの当時、憧れたパーツだから

余計に魅力的に見えたというのもあり

入札してしまったのでアリマス。

(;´・ω・)

 

 

 

 

 

ちなみにこのカートリッジ

何が魅力かと申しますと・・・

 

 

 

①HKSスピードローダー使用可能

②後方保持カートリッジ
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220710023045j:image

 

 

この2点が特長でアリマス。

 

 

 

①の利点については

リム径が実弾と同じサイズなので、

HKSスピードローダーが使えます。

 

 

 

 

 

 

そして、もともと手持ちだった

44マグナム真鍮カートと合わせると

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220710023125j:image

 

 

36発 連続発砲が可能でございます。

ワショーイ

(/・ω・)/ ~♪

 

 

 

 

 

しかし!

マルシン製ガスリボルバーといえば

そう・・・SMブルー弾問題

 

 

 

 

 

しかし、ココをクリアしたのサ。

あるパーツでな・・・。

 

 

\フッ・・・/

(。-`ω-)y-゜゜゜

 

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220710023034j:image

 

 

実は手前の12発と奥の18発

ある違いがあります。

 

 

手前は市販のBB弾すべて使用出来る様

カスタム済みなのでアリマス。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220710023026j:image

奥の18発・・・

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220710023049j:image

手前の12発・・・

違い・・・判りますか?

 

 

 

 

 

ココですよココ!

 

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220710023110j:image

 

 

 

BB弾を保持するパッキンが違うのデス。

カスタム済みのものはパッキンに段差あり。

これはクラウンエアリボルバー用の

カートリッジのパッキンです。

ワタシのカスタムではおなじみのパーツ。

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220710023132j:image

 

 

 

こちらは純正パッキン。

段差がなく、フラットなつくり。

おかげでSMブルー弾でないと

弾ポロしてしまうのデス。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220710023129j:image

 

 

 

というわけで、後方保持カートで

実銃用スピードローダーが使える

満足度の高いM629と相成りまシタ

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220710023056j:image

 

 

 

ホラこの通り

(/・ω・)/ ほほほ~い

 

 

 

 

ちなみにこの昭和のオプション

真鍮カートリッジは、

現行のXカートリッジとは

大きさが異なります。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220710023041j:image

左:昭和   右:令和

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220710023107j:image

 

 

リム形状も違うし、

弾頭部分の大きさも違う。。。

 

 

昭和と令和では、シリンダー形状が

微妙に異なっています。

そしてフォーシングコーン形状も

微妙に違うのデス。

 

 

そのため互換性はありません。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220710023052j:image

 

 

昭和カートのケース直径は11㎜

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220710023100j:image

 

 

Xカートリッジは12㎜

 

 

 

そのため旧型の貫通シリンダーに

Xカートリッジを試そうとしても・・・

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220710023030j:image

 

 

 

絶賛拒否

(;´・ω・)

 

 

 

 

使えないんです。

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220710023121j:image

 

 

 

 

というわけで、発砲準備が出来ました

 

 

 

次は発砲記事デス。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220710023114j:image

 

 

ガスガンにはありがたい季節になりまシタ

 

 

それでは明日の記事に・・・

 

 

 

続くのデス

(・∀・)