DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

第6章のスタートは・・・

2016年 自宅の新築で

家族の夢が詰まったマイホーム

そして自分の書斎を手に入れ

ガンロッカー製作が完了しました。

 

 

 

 

第6章もヘンテコな銃・・・アリマス。

 

 

 

 

 

まず第6章の一発目はぁ・・・

こちら!

 

 

 

 

 

 

 

どん

 

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220116013624j:image

 

 

 

MMC M723カービン

ガスライフル

 

 

 

また・・・マニアックなモノを・・・

(;´・ω・)

 

 

 

 

第4章・第5章と沼が続いて

・AR15

・懐かしのガスガン

・外部ソース

 

 

 

もう

沼確定じゃんよ

(;´・ω・)

 

 

 

 

という読者の皆さまから

お声があるかと存じますが

レビューをさせていただきます。

 

 

 

それでは第6章一発目のぉぉ

エムエムシィーー

ワショーイ

(/・ω・)/❞❞

 

 

 

 

■MMCと言えば■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220116013734j:image

 

 

 

そう・・・この中途半端な場所で

止まるセレクタ

 

 

これ、故障や破損じゃないんですよ。

元からそういう設定なんです。

 

 

過去記事でM16A2を取り上げており

そこでも紹介していますので、

もしよかったらリンク貼っておきます。

ご覧になってください。

 

 

deltaelite-10mmauto.hatenablog.com

 

 

 

 

セレクターの位置がおかしい理由は

ズバリこの発射モードの設定です。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220116013621j:image

 

 

 

通常は

SAFE/SEMI/Full or BURST

この3モードでアリアス。

 

 

しかしMMCのガスガンである

PV式ユニットは

SAFE/SEMI/BURST/FLUUとなっていて

4モード存在するのデス。

 

 

レシーバー右側にシールがあり

その表示がされているのですが、

現代のようなリアルさ重視の時代なら

即ネットで叩かれて炎上しそうな

この発射モード表示シール・・・

(;´・ω・)

 

 

 

■社名の由来■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220116013700j:image

 

 

 

ストックに貼られている社名のシール。

 

 

アルファベット3文字のメーカーさんは

何かの頭文字を取ったものが多い。

MGC

Model Gun Corporation

 

JAC

Japan Arms Collection

 

という具合。

 

そして

・MMC・

Military Model Corporation

 

の略であることがわかります。

 

 

 

■全景■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220116013718j:image

 

 

 

マック堺さんのチャンネルで

赤羽フロンティアの山中社長と堺さんが

「懐かしのエアガンメーカーを語ろう」

という動画を流していたのですが、

その中でJACに言及してた時、

 

 

「M4・・・じゃない、

 あれはイチロク関係というべきですよね」

 

 

そう触れていました。

 

そうです。

平成初期にM4A1カービンは

トイガンにおいては存在せず

あの頃はM16A2ショーティとか

呼ばれていた気がします。

 

 

 

 

■バレル回り■f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220116013635j:image

 

 

パーツの殆どが樹脂でできている

同社の製品ですが、アウターバレルは

金属製でした。

 

 

元々、MMCというメーカーは

「LS~エルエス~」から独立した人たちが

立ち上げた会社なので、似通った

販売ラインナップが多く、

このM723そしてM655も両社が

同じ型のモデルを製造販売していました。

 

 

■レシーバー■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220116013707j:image

 

 

 

この銃がM4A1カービンでない

最大の理由はコレです。

 

 

 

レシーバートップが無い。

キャリングハンドルはレシーバー一体で

取れることがないです。

 

 

 

■刻印■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220116013638j:image

 

 

M16A2・・・ではなく

AR15-A2 と表記するのには

何か理由があったのでしょうか?

 

 

何やらメーカーとしてのこだわりを感じる

そんな部分でもあります。

 

 

セレクター■

 

4ポジションにするため

半円180度を90度ずつ回転ではなく

60度ずつ回転していくのデス。

そのため本来のセレクタ表記からすると

位置がずれて見えてしまいます。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220116013745j:image

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220116013727j:image
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220116013614j:image
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220116013650j:image
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220116013628j:image
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220116013715j:image
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220116013645j:image
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220116013654j:image

 

 

 

レシーバー右側はセレクターインジケータがあり

反対側からもポジション確認ができるのデス。

 

 

 

 

■ストック■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220116013703j:image

 

 

 

伸縮機能が付いてはいるものの・・・

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220116013742j:image

 

 

 

ポジションは最短と最長のみ。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220116013617j:image

 

 

 

潔いというか・・・

なんというか・・・

(;´・ω・)

 

 

 

■マガジン■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220116013711j:image

 

 

マガジンは樹脂製デス。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220116013657j:image

 

 

 

装弾数は23発となっていますが、

構造に難があり、フルロード出来ません。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220116013738j:image

 

 

 

昭和のプラモデルの遺産というか

面白い構造ですよね。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220116013631j:image

 

 

マガジン内部でこのように

内蔵されているのデス。

 

 

 

装弾数としては実質20発・・・

さすがに心許ない・・・

 

 

さて・・・予備マガジンは・・・と

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220116013722j:image

 

 

 

あったあった・・・

外部ソース式ガスガンコーナーで

マガジン君たちも静かにしていました。

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220116013642j:image

 

 

実質装弾数が20発という事は

6本のマガジンでも120発・・・

 

 

 

 

現代の140連マガジン1本にも満たない

(;´・ω・) まぢですか・・・

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220116013731j:image

 

 

というMMC M723カービンの記事でシタ。

 

 

 

 

続いて発砲も行いますので、

まずはコンプレッサーにスイッチを・・・

エアがたまるまでもう少し余談に

お付き合いください。

 

 

 

MMC 

M723カービンの記事は

続くよ

(;・∀・)