DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

突然の出来事・・・第6章が・・・

自宅の新築から約1年が過ぎ、

ガンロッカーの中も銃で満たされ

写真を撮ったり、カスタムをしたり

楽しい時間を過ごしておりました。

 

 

 

 

そんな2017年のある日のこと。

 

 

 

いつものように仕事から帰宅し

食事を済ませた後の深夜、

自分の部屋でコーヒーを飲みながら

銃を触っていました。

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220214000029j:image

 

 

ワタシ

(   ̄▽ ̄)

ああ・・・リボルバーはいいナァ

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220214000014j:image

 

 

ワタシ

(   ̄▽ ̄)

ああ・・・いい時間だなァ・・・

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220214000008j:image

 

ワタシ

(   ̄▽ ̄)

誰にも邪魔されない・・・いい時間だ

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220213235951j:image

 

 

ワタシ

(   ̄▽ ̄)

標的に向かって・・・構えてッ・・・

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220214000001j:image

 

ワタシ

(   ̄▽ ̄)

ああ・・・アンダーラグ付き・・・イイ

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな悦な時間に浸っていた

その時です。

 

 

 

ワタシ

(・_+  )””

・・・ん??

 

 

 

 

・・・あれ?

 

 

 

次の瞬間・・・

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220213235954j:image

 

 

ワタシ

(@Д@;)☆

な・・・なんだ・・・

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220219230340j:image

 

 

ワタシ

(/ω\)

ぐあーっ・・・!

 

 

 

 

・・・・・・

 

 

 

 

・・・・・・

 

 

 

・・・・・・

 

 

 

 

 

ワタシ

(・ー ;)

ん・・・?何だったんだ?

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220214000113j:image

 

 

なんだ・・・今の・・・

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

・・・ウッ・・・

(;+o+)

 

 

 

 

 

ち・・・チカラが・・・

 

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220214000026j:image

 

 

 

チカラが・・・入らない・・・

(;+o+)

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220214000017j:image
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220214000004j:image
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220214000032j:image
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220214000011j:image

 

 

 

 

グッ・・・

(;+o+)

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220213235958j:image

 

 

 

 

まばゆい光に襲われた私は

全身から力が抜けて

動けなくなってしまったのデス。

 

 

 

 

この時、ワタシにいったい何が起きたのか?

 

 

 

 

マイホームの新築も終え、

書斎とガンロッカーを手にし

順風満帆だったはずの毎日

 

 

なんと

 

 

トイガンライフ第6章・・・

2017年のある日、わずか1年少々という

非常に短い期間で幕を閉じてしまうのデス。

 

 

 

 

 

小学生の頃からの夢だった

ガンロッカーのある生活

 

 

 

夢をかなえたはずなのに

なぜこんなことに・・・

幸せだったはずのトイガンライフ

第6章はこの光とともに消えてしまい

新章へと向かうことになりマス。

 

 

 

 

そしてワタシも・・・光に包まれて

次の旅へ・・・

 

 

 

 

DT10㎜AUTOの日記

トイガンライフ第6章