DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

スライドストップが掛かりにくいベレッタに手を・・・加えるッ!!

先日の出張で手に入れた

東京マルイ ベレッタM92F

初期型ガスブローバック

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220409011622j:image

 

 

 

ドライヤーでマガジンをしっかり温めないと

ホールドオープンしてくれないという症状。

普通に撃てなくはないが、ブローバックも弱く

撃っていて楽しくない・・・。

(;´・ω・)

 

 

そこで今回はこの症状を改善する

ちょっとした工夫を行います。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220409011556j:image

 

 

 

今回行う工夫というのは、

YouTubeで何人かの方が動画アップしていて

特にワタシのオリジナルなテクニックや

ノウハウではございません。

 

 

 

今回のホールドオープンしない症状は

「ブリーチ内の気密」に原因がアリマス。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220409011521j:image

 

 

 

スライドの後端を親指で抑えて

意図的にブローバックの動きを制限して

トリガーを引くと、発射ガスがブリーチから

ブシューっと漏れていく・・・。

 

 

本来は指で押さえた力を押し返すくらい

ブローバックしてくれるはずなのですが、

ブリーチ内のブローバック用ガスが

ピストンカップから漏れてしまい

ガス圧を有効に使えていない。

 

 

寒くてガス圧が下がる冬はなおしんどい、

上記のガス圧ロス+気温低下による圧損。

そうするとスライドを一番後ろまで

押し切る圧力が得られない

 

 

というわけで今回は家にある材料で

ピストンカップの気密取りを行い、

ガス圧をしっかり有効に使えるように

調整を行います。

 

 

 

ガスアーツ

チョーセー

ワショーイ

(/・ω・)/

 

 

 

 

 

①スライドを分解する
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220409011619j:image

 

 

 

今回の調整はアッパーのみですので

ロアは分解しません。

 

 

 

まずはフィールドストリップで

スライドを取り外します。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220409011550j:image

 

 

 

今回はブリーチとピストンを取り出します。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220409011606j:image

 

 

 

バレル回りとリコイルスプリングを

脱着します。

 

 



f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220409011602j:image

 

 

 

ブリーチの動きをチェック。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220409011631j:image

 

 

 

問題なく動くんだけと、

なんとなくスカスカで

ガス圧を蓄えられているような感じがしない。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220409011559j:image

 

 

 

真ん中の白い部分がピストンカップ

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220409011514j:image

 

 

 

ブリーチを外して

ピストンカップを取り出します。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220409011535j:image

 

 

 

繰り返し冷たいガスを受けたり、

シリコンオイル切れで痩せてしまったり

ガス圧ロスの要因はいくつかありますが、

早い話がここの密着度を上げましょうって

いう事なわけです。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220409011540j:image

 

 

 

ブリーチ・ピストンが取り出されました。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220409011553j:image

 

 

 

再度手で仮組してみるが、

やはりしっかりと圧縮できていない

なんとなくスカスカしている。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220409011505j:image

 

 

このピストンカップにある加工をして

少し・・・本当に少しだけですが、

径を大きくしてピストン内での気密を

保てるように加工してみます。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220409011528j:image

 

 

 

まずは中性洗剤で脱脂を行いました。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220409011615j:image

 

 

 

なんとアルミテープ。

しかもダイソー

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220409011501j:image

 

 

 

ちなみにアルミテープって、よく解けて

緩々のバラバラになりませんか?

 

 

 

ポストイットノートの

粘着部分をこのように貼ると、

繰り返し何度も使えて、なおかつ貼るとき

はがすときがめっちゃ楽。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220409011634j:image

 

 

 

ピストンカップの周辺にシールを張る。

本当にごくわずか、

0.0?ミリメートルの違いですが

少しでも気密をとれるようにします。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220409011628j:image

 

 

 

さて・・・と・・・。どーかなー???

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220409011524j:image

 

 

 

お!いいんじゃないか?

ゆるすぎず、きつすぎず、いい具合だ。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220409011543j:image

 

 

 

そしてブリーチ内にはグリスを塗っておく。

これも気密取りの一つの工夫であります。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220409011625j:image

 

 

 

こういった小さな積み重ねで

ガス圧ロスを防ぎます。

 

 

 

 

そしてこれが出来たら

あとは元の手順で組むだけ・・・

 

 

 

 

そして運命の瞬間・・・

 

 

 

 

 

バシュッ!

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220409011532j:image

 

 

 

よっしゃ!

スライドストップバッチリかかる。

ホールドオープン問題なし。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220409011546j:image

 

 

初速を測ったケド、前回計測時より

約7~8mps程度、初速は上がっている。

 

前回購入直後にドライヤーでマガジンを温めて

計測した数値で同じくらいの値だったが、

今回はマガジンを温めてない。

 

室内の温度計では21度

 

とはいえ夜なので、本来はもう少し寒いと思う。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220409011508j:image

 

 

 

 

うん、初速も70mpsオーバーをキープしてる

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220409011612j:image

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220409011517j:image

 

 

 

最後でしっかりホールドオープン。

スライドストップが掛かりまシタ。

 

 

 

 

不具合アリという事で

かなり格安でゲットしたこのベレッタですが

こうして不具合を調整することでまた遊べる。

 

 

かなりお買い得な買い物が出来ました。

ワショーイ

(/・ω・)/