DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

KSC M11A1のメンテを・・・するッ!

先日の記事で

残弾検知に不具合が出ている事が分かった

KSC M11A1ガスブローバック

 

 

これは非07HKですので

旧式のモデルなのですが、

まだまだガンガン動くので

ぜひサバゲーでも使用してみたい。

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220123204008j:image

 

 

 

動画撮影中に発覚した

残弾検知の不具合という事象がなぜ起きたか

トラブルシューティング&調整を

行ってみます。

 

 

 

今回動画内で起きていたトラブルは

実は2つあったのデス。

 

①1本目のマガジンで

 残弾ゼロだったにもかからわず

 ホールドオープンしなかった

 

②2本目のマガジンでは

 残弾があったにもかかわらず

 ホールドオープンしてしまった。

 

 

この①と②の不具合です。

 

 

 

まずは残弾検知システムの確認。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220123204056j:image

 

 

残弾検知、ホールドオープンの仕組みと言えば

セミオートハンドガンならば、

「スライドストップ」というパーツが

パッと浮かんできますが、このM11A1は

どうやって「ハーフオープン」になって

残弾ゼロを教えてくれるのでしょうか?

 

 

そのポイントは「BB弾フォロアー」にあります。

 

 

 

まずは下の画像をご覧ください。

( 。_  。  )""""

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220123204012j:image

 

 

 

マガジンが2本アリマス。

どちらも残弾はゼロの状態です。

 

 

 

 

まずは右のマガジンから見てみましょう。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220123204004j:image

 

 

 

リップのところにフォロアーが来ており、

残弾がゼロであることが確認できますね。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220123203958j:image

 

 

 

前方から見たところ。

BB弾を保持する場所にバッチリと

フォロアーが上がってます。

これが正しい状態でアリマス。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220123204021j:image

 

 

 

BB弾が残っている状態をポートから見ます。

この状態でトリガーを引きます。

 

 

すると・・・

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220123204032j:image

 

 

 

ボルト(ブリーチ)が前進し、BB弾をチャンバーへ

送り込みます。

その後、ガス放出(発砲)と同時に

ブリーチも後ろに下がり、次の発砲準備へ。

 

フルオートの場合は弾がなくなるまで

このサイクルを繰り返しますので、

最後の弾を発射した後に、

ホールドオープン機構が作動します。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220123204040j:image

 

 

 

ホラこの通り

( ゜o゜)おおっ

 

 

 

 

拡大すると・・・

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220123204044j:image

 

 

 

 

ブリーチのガス放出ノズルがフォロアーに当たり

前進しないようになってストップします。

 

 

この状態はトリガーを引いてもシアは落ちていて

ハンマーに掛かっていないので、何も起きず。

 

 

 

これでホールドオープンを認識できます。

 

 

 

で、動画内で1本目のセミオートで使用していた

コチラのマガジン・・・

 

 

よく見てみると・・・

 

 

(・∀・) じぃ~

(・∀・) じぃ~

(・∀・) じぃ~

(・∀・) じぃ~

(・∀・) じぃ~

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220123204028j:image

 

 

 

 

見つけた!

フォロアーの位置・・・!

これが中途半端だッ!

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220123204024j:image

 

 

 

よく見てみると

しっかりと一番上まで上がってない。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220123204001j:image

 

 

 

この状態で後ろからフォロアーを見てみると

BB弾がない状態で且つフォロアーも来てない。

 

 

 

要するに銃はフォロアーが上昇してないので

「残弾アリ」と誤った検知しているため

いつまでもずっと撃ち続けられていたワケ。

 

 

お座敷シューティングで

スライドストップをキャンセルする

所謂「フォロアーストッパー」を

掛けていたのと同じ状態になっていた

そういうわけです。

 

 

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220123204053j:image

 

 

    ↑

こちらが正しい作動をしていた

マガジンのフォロアーを後方から見た状態。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220123204015j:image

 

 

 

並べてみると・・・ホラ!

全然違いますよ!

そりゃ銃が間違った検知をするのも無理はない

 

 

 

これは完全にワタシのメンテ不足。

(;´・ω・)ごめんよM11A1・・・

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220123204037j:image

 

 

 

フォロアーにシリコンスプレーを掛けて

動きをよくします。

その後、埃をふき取ってもう一度軽くスプレー。

 

 

これで動きは戻りまシタ。

 

 

 

続いて②の事象について考察。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220123204047j:image

 

 

 

正常なサイクルの場合は

ココからボルトが前進しBB弾を押して

チャンバーまで送弾して発砲ですが、

なんと稀にこの状態で止まってしまう現象が

発生していたのデス。

 

 

 

原因はコレ

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220123204050j:image

 

 

 

この放出ノズルとそのガタつきです。

 

 

 

この放出ノズルは前後可動してくれて

BB弾の装填や発射ガス放出などの役割を

担ってくれるのですが、この型式のモデルで

よくある現象なのですが、BB弾を押しきれず

マガジンのところで止まってしまい、

ホールドオープンと同じ状態になる症状が

見受けられます。

 

 

 

 

また可動するパーツゆえに

ある一定のクリアランスは必要なのですが

棒で指したこの部分・・・

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220123203954j:image

 

 

この隙間にBB弾が入り込んでしまうことがあり

正常な作動を妨げてしまう症状が出るのデス。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220123204018j:image

 

 

 

棒の先端付近・・・ノズルとボディの隙間に

BB弾が挟まってしまい動かなくなったM11A1が

「動きません。ジャンク品です」という

張り紙とともにリサイクルショップにおいて

二束三文で投げ売りされていることも

よくあります。

 

 

実はこのM11A1も元は不調・ジャンク品でしたが

店頭でジャンク個所をチェックさせてもらった時

偶々ココにBB弾が挟まっているのを見て

「もしや・・・」と思い、購入したのです。

 

 

挟まったBB弾を除去して正常作動するように

なったのはいいのですが、

どうもこの症状はイレギュラーというより

この機種の持病のようなもので、

現在まで幾つかの個体を手にしましたが

ほぼ100%この位置にBB弾が挟まるのデス。

 

 

この問題はリップの保持力を弱めるか

フォロアースプリングのレートを落とすか

いずれかになります。

 

 

ワタシはリップの保持力を弱める

(というより抜弾抵抗を減らす)ため

リップの内側を研磨して対策する予定です。

 

 

M11A1・・・

新築後、ずっと壁に掛けたままで

サバゲーに連れていけなかったけど、

今のオレは幾星霜の時を超えて

現代の戦場に甦ったぜ。

必ずオマエと戦場を駆け抜けるぜ!

 

 

 

カッコつけちゃうぜ!

ヾ(■▽■  )ノ