DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

謝罪 株式会社マルシン工業御中 ワタシはイケない消費者です。

先日サバゲーで使用した

タナカワークス

S&W  M29ペガサスリボルバー   

ワケありカスタム

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220801194224j:image

 

 

ワケありというのはズバリこれ。

アウターバレルを差し替えて

なんちゃってM29だったんです。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220801194307j:image

 

 

the EDGEの作中に出てきた

デルタエリートとM29のデュアルで

御子神に成り切りたかったので、

こんなしょーもない被せ物をしていたのデス。

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220801194313j:image

 

 

さて、本来の姿に戻してあげましょう。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220801194149j:image

 

 

ふう。落ち着いたよ。

この後、M29クラシックは、

ガンロッカーの定位置に戻しておきました。

 

 

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220801194228j:image

 

 

このM29     6.5インチバレル 

なんで単品で所持していたのか?

理由はコレです。

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220801194257j:image

 

 

 

現在我が家にある

マルシン工業

S&W   M29クラシック

8.375インチの数々。

(;´・ω・)

 

 

箱の数だけ作りたいカスタムがあり、

カスタムの数だけ謝罪が増えていく。

 

 

 

現在カスタム真っ最中のモノも含めれば

その数はどんどん多くなっていく。

 

 

 

実はタナカのM29バレルを使って、

クラシックじゃないスタンダードなM29を

作ってサバゲーに使おうと思ってバレルを

手に入れていたのです。

 

 

 

 

しかしマルシン工業から、フツーのM29が

発売される事になり、計画は頓挫。

(;´・ω・)

 

 

 

計画ぶち上げから5年ほど経ちましたが、

材料も揃ってしまい、このまま放置も

忍びないので・・・

今回も謝罪シリーズ

 

 

マルシン 

S&W   M29クラシック

8.375インチを使って

フツーのM29を作ろう

 

 

であります。

 

 

 

 

ということで


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220801194139j:image

 

 

今回材料にするのは、このクラシックに

致しました。

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220801194207j:image

 

 

ブラックHWモデルです。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220801194233j:image

 

 

組み立て前に、銃本体とバレルを並べる。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220801194252j:image

 

 

 

うーむ・・・色が大きく違いますな。

(;´・ω・)

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220801194203j:image

 

 

 

 

被せる方のバレルはブルーイングされており

同じHW樹脂でも色合いが違いすぎて、

そのまま組み付けたら違和感ありすぎです。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220801194153j:image

 

 

 

ブルーイングを元に戻す事って

出来るのかな?

 

 

ダメ元でやってみるか・・・

 

 

 

 

どん

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220801194242j:image

 

 

 

KURE

ガソリン車専用  水抜き剤

 

 

 

塗装を剥離するのと同じ要領で

元に戻せるのか試してみよう。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220801194133j:image

 

 

 

ちなみにこの水抜き剤の成分というのは

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220801194143j:image

 

 

イソプロピルアルコールが主成分です。

この液体の中にバレルを漬け込んで、

塗装の剥離と同じように風合いが戻るのか

試してみよう。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220801194237j:image

 

 

 

ちょうどいい入れ物がないので、

段ボールを活用します。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220801194246j:image

 

 

コレは塗装や清掃などに使う

マスカーです。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220801194212j:image

 

 

これくらい予め切っておいて・・・

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220801194218j:image

 

 

段ボールに被せる。

簡易プールっていう感じです。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220801194158j:image

 

 

 

うん、バレルもしっかり入るな。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220801194301j:image

 

 

 

よし、漬け込み準備完了

(*・ω・)ノ

 

 

次はイソプロピルアルコールを投入して

バレルを漬け込む作業だっちゃ!