DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

初めてのライフル 東京マルイ「H&K G3A3」エアーコッキング HOPなし

ここまではハンドガンの記事でしたが、ここでいよいよ長モノの記事になります。

 

今回はこれです。

ドン

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20190525140339j:plain

東京マルイ

H&K  G3A3」HOPなしタイプ

 

www.youtube.com

 

 

 

今回の記事を書くに当たって、0.2gバイオ弾で計測しましたが、約41mpsとなりました。

初速がほぼ10禁並み。分解組み立てを繰り返したり、コッキングをしたまま放置したりと、雑な扱いもしてきましたので、その分性能は低下しているかもしれないです。

 

今から約30年ほど前のモデルです。

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20190526072217j:plain

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20190526072251j:plain

実は当時のサードパーティから、このモデル用のスコープマウントが発売されており、それを装着した後に、同じく当時のスナイパーライフルの代名詞である「スーパー9プロ」用のスコープマウントを合体し、G3A3にスコープを搭載可能にできるようになっています。

あの当時のモデルですから当然HOPもなく、命中精度も何もあったものではありません。

 また、このモデル・・・

グリップのココ

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20190526072326j:plain

パカっとな

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20190526072334j:plain

 

最近の電動ガンに慣れている人ならば、ここを見てパっと思いつくのは???

そう、モーターが入る場所・・・となるのですが、実はここ、そうではなくて、同じ時期に発売されていたMP5のフルオートガスガンと同様で、ここに小型のボンベが入るようにできています。

でもG3でのガスフルオートはラインナップがないので、これはMP5とグリップが共通だからかな??後々G3のガスフルオートを発売する計画があったのかな???と思いますが、正確な理由はわかりかねます。

 

この記事を書いた時点で購入から約30年以上が経過していますが、先日までの記事と同様で「発射できるだけでも奇跡」かもしれません。それにしてもニッポンの物づくりの技術とはすごいものですね。

 

この銃は人生初のライフルで、思い入れがあり、

ライフル=狙撃=スコープということで、スコープを乗せようとずっと考えていましたが、現在の電動ガン用のクリップ式マウントは使用できず、どうしようか悩んでいたところに当時物のマウントベース(というかスーパー9プロ用のマウントを乗せるためのマウント※ややこしいっ※)をリサイクルショップで入手したので、このようなスタイルとなりました。

 

今でも販売されているG3・・・とても息の長いモデルです。