DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

嗚呼 小市民・・・   この冬、おじさんが清水の舞台から飛び降りて購入したものとは?パート1

この冬、年末に出たボーナスで、

嫁さんから小遣いをもらいました。

 

で、

 

 

 

「なに買おうかな?」

 

(*'▽')

 

 

とうきうきしているところ、

某エリアのガンショップ巡りの中で

あるものが目につきました。

 

 

 

 

 

これはっ? 

 Σ(゚□゚;)!!

 


「マルベリーフィールド・44MAGNUM REALCARTRIDGE 6㎜」

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200126134211j:plain

 

 

マルシン S&W M29・M629 classic用の

リアルカートリッジなのですが、

実はもうここ数年、新品を見かけることが

無くなっていました。

このパーツは旧型の

「シリンダーにインサートがあるモデル用」

にアップされたもので、

ここ最近のマルシン M29classicは

xカートリッジへと移行していますので、

見た目のリアルさという点では純正が一番!

という流れになっています。

 

ですが、

私・・・このパーツを探していたのデス。

 

 

 

なぜなら理由は以下の通りだからデス。

まずは動画でご覧ください。

どぞ(・ω・)ノ

 

まずは純正の初期型 

自主規制モデルの装填・排莢の音です

 

www.youtube.com

 

 

続いて

Xカートリッジ と マルベリーフィールドの

シルバーの比較です。

最初の何回かはXカートリッジでリロード。

 

4:10あたりでマルベリーのシルバーを

装填排莢します。

どぞ(・ω・)ノ

 

www.youtube.com

 

 

 

いかがでしたか?

Xカートリッジは弾頭が付いていることで、

ビジュアル的リアルさを醸し出していますが、

先端部に重いパーツを装着しているため、

排莢時の「チャリン」という音が響きません。

 

この点は旧型の方がいい響きをするのですが、

さらにマルベリーのカートリッジは甲高い音で

 

「チャリ~ン♪」

 

と響くのであります。

 

 

で、このマルベリーを探していたのですが、

このパーツも最初の発売からすでに

15年以上経過していたので、

在庫しているお店など今はほぼ皆無と

思っていました。

 

で、某エリアにあるガンショップの

ショーケースの中で3つほど見つけたので、

即購入しましたが、その時店員さんに

 

 

店員さん

「いくつお買い求めになりますか?」

 

おじさん

「あるだけ全部買うよ」

 

すると、この店員さんは一瞬固まった後、

何かを感じてくださったのか・・・

 

 

店員さん

「まだ、在庫があったと思います。

 ちょっと待っててください」

 

 

5分後

 

 

 

店員さん

「お待たせしました。

 まだたくさんありました。いかがですか?」

 

 

 

 

そこには

 

 

ビニール袋

いっぱいに

詰まった

カートリッジがっ!

(; ・`д・´) マジかーっ

 

 

で、悩むこと数秒・・・

 

 

おじさん

「あの・・・3つで結構です」

 

 

 

 

 

ということでお会計を済ませて、

帰りました。

 

 

が、

 

 

 

 

ここからいつもの天使と悪魔とが、

心の中で数日間ケンカをしはじめました

 

 

 

 

・・・続くのデス。