DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

タナカワークス レミントンM24 SWS 分解 修理をする

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201013103804j:image

動画レビュー撮影に移ろうと思ったときに

発覚した盛大なガス漏れ。

 

 

今回、注入バルブからのガス漏れではなく、

薬室付近から景気の良い音がしましたので、

銃を分解してガス漏れ箇所を特定する

必要があります。

 

分解の手順は以下の通り

まずはトリガー前のボタンを押して

ボルトを後方へ抜きます。

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201013103828j:image

 

次に機関部とストックを繋いでる

ネジを外します。

前方はココ。HOP調整部の周囲。

コインドライバーで外します。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201013103728j:image

 

外れた


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201013103718j:image

 

後方はマガジンが入ってます。

同時に取り外しにかかります。

 

まずはここのビス。

六角レンチで外します。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201013103832j:image

 

次にトリガー後方の六角ビス


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201013103822j:image

 

まずはマガジンを下に引っ張って

引き抜きます。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201013103741j:image

 

その後、バレルとレシーバーを

上方に引っ張ります


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201013103842j:image

 

分解できた

(;・∀・)

 

 

さーて

どこからガスが漏れてんのかな?

ガスタンクをしげしげと眺める。

”””(;・∀・)


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201013103747j:image

 

そういえばこの銃は分解するの

初めてだな。

 

中はどうなってるんだろう??

 

平たいケータイを突っ込んでみる。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201013103759j:image

 

薬室から銃口側を見た景色。

HOP部分が見えます。

 

 

これだけじゃワカラナイな。

 

仕方ない

 

タンクも分解するか。

 

ガスタンクは薬室の下にあります。

ドライバーで指した箇所です。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201013103847j:image

 

ガスの放出口が見えます。

     ↓

ココから上に向かって噴き出したガスは

ボルトを通り、ボルト内のガスルートにより

90度角度を変えて薬室→銃口側へと吹き抜けます。

 

 

まずはココから噴き出して・・・
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201013103819j:image

 

 

ボルト前方下部の穴からボルト前方へ向かい
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201013103837j:image

撃針部分が放出口。

カートのプライマー部にガスを受け、

弾頭部のBB弾を前方に発射する機構です。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201013103857j:image

 

薬室にカートリッジが収まる様子。

六角レンチのカタチがガスの流れを

表しています。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201013103815j:image

 

で、この銃の構造を理解したら、

今回のガス漏れ箇所がすぐにわかりまシタ。

 

タンクに原因ありまシタ。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201013103712j:image

 

原因はバルブです。

よく見るとホラ!

 

下に下がったままになっている。

 

つまり、常にバルブでガスを放出している

状態が続いているということです。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201013103810j:image

 

通りでガスを入れた瞬間景気よく

ぶしゃぁぁぁああっ!とガスが漏れていたわけです。

バルブが開きっぱなしだったのですから。

 

タンクを更に分解し、バルブを見ると

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201013103735j:image

 

これだよ原因は・・・

 

気密をとるOリングが外れていて

バルブとガスルートの間に挟まっていました。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201013103723j:image

 

バルブを取り出して、

Oリングを元に戻します。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201013103852j:image

 

これで元の位置にもどりました。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201013103706j:image

 

で、バルブを元通りにして

機関部をストックに収める前に

カートリッジだけを薬室に込めて

バン!


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201013103753j:image

 

試射したところ、弾は無事に発射されました。

あとは逆の手順でストックに機関部を収めて

完成です。

 

では次の記事で、初速計測に参ります。

 

続くのデス

”””(  ˘ω˘ )