DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

同じ日同じ場所で もう1挺の「G3」

前出の記事では、

小学生の頃に手に入れたG3A3を

いつかフルオートを撃ちたいという

夢が叶ったお話でしたが、

実は、あのG3A3を購入した

当時近所にあったリサイクルショップで

もう1挺、G3が置いてあり、合わせて2挺

購入していたのです。

 

 

もう1挺のG3???

 

どん!

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201227222421j:image

 

東京マルイ H&K G3 SG-1

スタンダード電動ガン

「山猫スナイパーカスタム」

 

で、先に白状しますと

 

山猫スナイパーを

作ったのに

「山猫は眠らない」を

見たことがない!

 

です。

 

 

ではなぜこの銃を?

 

 

 

理由は、偶々ヤフオク

PSG-1によく似た

 G3を見たから」

であります。

 

スラリと伸びたアウターバレルに

一瞬「アレ?PSG-1?」となりましたが、

よく見るとストックとグリップが違う。

 

ネット等で読み進めていくと、

映画「山猫は眠らない」の

劇中で出てくる仕様なのだとか。

 

 

へぇ~かっこいいナ

( ・∀・) と思ううちに、

SG-1というモデルを知ることになりまシタ。

 

で、偶々リサイクルショップに

箱ナシ・説明書ナシの状態で、

A3とSG-1が並んで投げ売りされていたので

まとめて買いました。

 

 

購入した時は全くのノーマルでしたが、

その後、私が部品を装着して

今のカタチとなっています。

 

ではクローズアップ行きます!

 

■レシーバー■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201227221817j:image

 

この銃はPSG-1とは異なり、フルオート

ポジションがあります。

 

で、このSG-1の成り立ちについて

ひとこと (  ˘ω˘ )コホン

 

製造ラインから仕上がってきたG3は、

試射を行い、その中で特に命中精度が

高かった個体を抽出し、スコープを搭載した

モデル・・・それがSG-1であります。

 

G3をベースにしたモデルで

トップグレードに位置するPSG-1と比べ

安価であることと、フルオート機能が

残されていることなどから、

スナイパーライフルというよりも、

中距離の狙撃を行う、マークスマンライフルに

近い存在のモノのようです。

 

近代で言うならば、AR15をベースにした

M4 SPR Mod1などですね。

 

 

そんなSG-1の存在理由もカッコイイと

感じてしまい、購入後はスコープを載せ

サイレンサーをつけて今のカタチに

至りまシタ。

 

■スコープ&マウント■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201227221651j:image

 

マルイ純正のMP5/G3用マウントに

ロープロファイルのマウントリング、

スコープは同社プロズームスコープです。

 

■チークパッド■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201227221821j:image

 

同じG3の固定銃床モデルでも、

A3とは異なり、チークパッドを

備えています。

 

まれに程度の良くないSG-1が

ヤフオクやリサイクル店で見つけると

ココが加水分解を起こしている場合が

あるので、中古品を見つけたら

まず最初にチェックが必要です。

(;´・ω・) 顔に着いたら大変だよ

 

■ハンドガード周り■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201227221707j:image

 

前出のA3と異なり、マークスマン的な要素から

二脚(バイポッド)が最初からついてます。

 

これ、広げると滅茶苦茶左右に広がるので、

展開するには場所選びが重要です。

 

■山猫サイレンサー
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201227221757j:image

 

SG-1を購入する最大のポイントは

「狙撃用(マークスマンライフル)である」

という点です。

 

そのため、映画はまだ見ていないですが、

KM企画から発売されていた

「山猫サイレンサー」を装着しました。

 

実銃だとバレルの延長なのかな?

電動ガンではサプレッサーとなっています。

 

前から見ると消音材が

入っているのです。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201227221656j:image

 

ホラね!

同じKM企画のモノでよくある、

グレーのスポンジみたいのではなく、

「激落ちくん」みたいな

メラミンスポンジを輪切りにしたような

消音材が詰め込まれてマス。

 

射手側からだとメカノイズがあるので

体感は出来ませんが、前方に回ると、

明らかに銃声の高音域が吸収されて

「ボフッ・・・ボフッ」と、

音が小さくなります。

ただし効果を発揮するのは30m以上

離れたところに限定されそうです。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201227221804j:image

 

そしてあのKM企画さんが

発売されたものなので、

見てクダサイ。

純正の基部とサイレンサーの径が

ドンピシャなのです。

 

KMさん、バブルのころからある

老舗ですね。いい仕事してますね。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201227221735j:image

 

スコープマウントは

マルイ純正オプションの

MP5/G3用のクリップ式を使用。

 

脱着が簡単なのですが、

取り付け後に若干ガタつきを感じ、

テープで嵩増し→解消です。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201227221752j:image

 

にしても適当だな・・・

(;´・ω・) あらら

 

なおこの銃はPSG-1と共通部品があります。

それはショートマガジンです。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201227221700j:image

 

逆を言えば、PSG-1

純正の85連とか、多弾マグを

使用できるということになります。

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201227221844j:plain

 

そしてショートマグを装着してみる

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201227221841j:plain

 

やっべぇ

かっこええ (*ノωノ) 惚れちゃう!

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201227221834j:plain

 

長いはロマン・・・だな。

 

 

■エジェクションポート■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201227221647j:image

 

前出のG3A3と同様、

コッキングレバーを引くことで

ポートカバーが開き、HOPUP調整が

可能になります。

 


■バイポッド■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201227221811j:image

 

SG-1はハンドガード形状も

A3やA4とは異なります。

どちらかというと角ばっています。

 

そしてバイポッドがデフォルトで

装備されていますが、展開すると・・・


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201227221800j:image

 

左右に大開脚 (笑)

 

おかげで撮影が大変 (;´・ω・)

 

 

にしても、古めかしい印象がある

G3A3よりも、どこか洗練されていて

若干新しさを感じるSG-1

 

続いて発砲に移ります。

 

次の記事では、初速と

フルオートサイクルを計測します。

 

(  ˘ω˘ ) 

続くのデス