DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

さらば・・・お宝①タナカワークス 二式スポーター

この記事のタイトル

 

 

「二式スポーター」

 

 

ナンじゃらホイ?

 

 

三八式や九九式といった漢数字に

洋式のハンティング用ライフルの

形式である「スポーター」をくっ付けている

この文言

(。´・ω・)?

 

 

 

今回、新たなお宝を手に入れるために

手放したのが・・・まさにタイトル通り

 

 

 

こちらです。

 

 

 

 

どん

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210412021606j:image

 

 

タナカワークス

二式スポーター モデルガン

 

です。

 

 

 

 

ポートレートも1枚

 

どん


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210412021533j:image

 

すんごく昭和な香り漂う写真

(;´・ω・)

 

 

 

実はこの二式スポーターは

ワタシのエアガンライフ第4章で

手に入れたものデス。

 

 

これを欲した理由はズバリこれ

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505120251j:image

 

何度かブログでも取り上げた

東映Vシネマ

仲村トオルさん主演の

「狙撃~THE SHOOTISIT~」

 

 

全4作がリリースされていて、

各作品に素晴らしい嗜好やアイデア

ちりばめられたストーリーです。

 

一応このシリーズは物語が繋がっていて

1作目の時の主人公は25~26歳前後という

年齢設定で、以後もこの設定を引き継ぎ、

主人公である松下の「過去の経歴」と

「その特性」は全作共通であり、

1作目から4作目である「完結編」への

伏線ともなっています。

 

 

その最終作「完結編」のジャケットには

この銃が描かれていますね。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505120255j:image

 

特徴である連結部が写っています。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505120259j:image

 

ワタシのエアガンライフ第4章にて

この銃を手に入れた経緯、そして

劇中におけるこの銃の活躍は

第4章の頃の思い出として

別の記事で書き綴ります。

 

 

今回はこの銃のクローズアップを

致します。

 

(*/・ω・)/ ワショーイ

 

■全景■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210412021603j:image

 

この銃は外装を「松下仕様」としています。

・スコープ

・バイポッド を装着しています。

 

■弾薬■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210412021529j:image

 

7.7㎜実包のカートリッジです。

クリップで装着されていて、

装填することが可能です。

 

 

■テイクダウンピン■ 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505122512j:image

 

このピンを外すことで

銃は前後に分割できます。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505122508j:image

 

本体の右側面の連結部に、

このように挿入されており、

ネジの様に回転させて取り外せます。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505122516j:image

 

取り外した状態がこちら。

なおバイポットは固定していません。

本体にキズを付けたく無かったので

画像ではただ載せただけでした。

 

 

合体させてバイポッドを展開して

このように使用します。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210412021516j:image

 

つなぎ目はこのようになっていて、

張り合わせ部分は金属が貼られています。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210412021546j:image

 

なお不正改造防止のため、

実銃とは敢えて異なる形状で

この銃を再現している部分があるとか。

それがこの連結部の内部構造です。

 

確かに、これは安全対策として

ごもっともな部分ですね。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210412021510j:image

 

ストックの風合いと佇まい

Vシネマ劇中の雰囲気を大切にして

再現しています。

 

なお二式スポーターのスコープマウントは

入手が大変難しく、ごくまれにこの銃も

ヤフオクなどで出品されますが、

そのほとんどはマウントナシの状態。

 

この二式スポーターにも入手時からマウントは

装着されていませんでしたが、

某ガンショップのご主人から聞いて、

とある銃のマウントを流用しました。

 

それは

サンプロジェクト M700用の

2分割マウントです。

 

こちらの取付部がアールになっている

片方が使用できます。

 

 

つまり2挺分必要ってことです。

(;´・ω・) まぢですか・・・

 

■説明書■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210412021629j:image

 

九九式スポーターと共通です。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210412021524j:image

 

これは入手した時に同封されていたモノなので、

果たしてこれが正解なのか・・・?

二式専用の説明書ってのがあっても

よさそうなものだが・・・


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210412021621j:image

 

確かにボルトやレシーバーは

パッと見た感じ「九九式そっくり」なので

まぁ支障はなさそうなのですが、

出来れば専用の説明書が良かったなと

感じてしまいます (;´・ω・) ショボーン


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210412021558j:image

 

 

・・・以上

二式スポーターのレビューでした。

 



f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210412021610j:image

 

実はこの二式スポーターは

自宅を新築した2016年以降、このように

プラノのケースにテイクダウンして収め

ほとんど開ける機会がなかったのです。

 

このまま箪笥の肥やしにしてしまうより

次の持ち主に楽しんでもらった方が、

この銃のためでもあり、そして

私自身が次のお宝を手に入れるため

前進できるとも思った。

 

 

仲村トオルさん・・・松下が使用した

「二式スポーター」

 

ワタシも憧れて恋焦がれ手に入れたが、

次の持ち主になるであろう方も、

恐らく憧れとロマンを持って

この銃を求めているハズ・・・

 

 

ワタシも次のステージに向かい

旅に出る・・・

 

だから・・・

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210412021538j:image

 

さらば・・・お宝。