DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

さらば・・・お宝② マルコシ スーパー9プロ メタルレシーバーカスタム

タナカワークス 二式スポーターとの別れ

 

インスタを通じて交流したとある方から

メッセージを頂きました。

 

 

「一発目のお宝が二式!

 しかもスポーターとは・・・」と。

 

 

『どマニア』という称号まで頂き

有難き幸せ。最高の誉め言葉です。

 

 

 

 

そして次に手放すことにしたお宝はコレ

中古部品を「一つ一つ」集めて作った

思い出の銃・・・

 

 

 

 

 

 

どん

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210503225604j:image

 

マルコシ スーパー9プロ

です。

 

この銃は別の個体を「名銃の系譜」として

何度も取り上げているので、今更ですが、

サラッとレビューします。

 

 

■バレル■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210503225526j:image

 

このバレルはアウターとインナーが一体で

金属1本モノです。

そのため・・・重たい。

 

■バレルハウジング■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210503225608j:image

 

このスラリとした形状。

つまり平成版である「9プロ」ということが

わかります。

このハウジングもメタル製です。

 

■レシーバー■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210503225613j:image

 

このレシーバーもメタルです。

サイドに穴が開いているのは

恐らくガス注入用と思われます。

 

■ボルトハンドル■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210503225551j:image

 

ロングボルトハンドルです。

初めてのチューニングガンである

マルコシ スーパーX(By テクニカ)で

このハンドルを使用して以降、

THE SHOOTISTの影響もアリ、

コレがお気に入りです。

 

■木製ストック■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210503225633j:image

 

この木製ストックも個別で入手したので

出所不明ですが、美しいチェッカリングに

先端の装飾やキレイな表面仕上げ・・・

そして「Remington」のパッドプレート。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210503225543j:image

 

スラリと伸びた佇まいが美しい。

ここ数年、トイガンの流行としては

タクティカルなボルトアクションが主流で

ブルバレルが多いため、こうしてみると

スリムな印象が強い。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210503225556j:image

 

こうしたチーク部分の造形も、

いまでは年月を感じさせますね。

 

■スコープ■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210503225538j:image

 

自宅にあった3-9X50のズームスコープ

マウントは20㎜幅ではあるものの

レイルタイプではないため、

表面はフラットです。


■ノズル■

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210503225639j:plain

 

シリンダーとノズル、そしてチャンバーも

別々で揃えたので、純正と異なります。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210503225625j:image

 

社外品のチャンバーが見えます。

 

■テイクダウン■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210503225546j:image

 

スーパー9もネジを2本外すコトで

テイクダウンが可能となりマス。

 

 

■ロアレシーバー■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210503225618j:image

 

このスーパー9は上下両方とも

メタルレシーバーです。

 

 

銃刀法規制により、0.98J未満の世界では

無用の長物ですが、規制以前の世界では

強力なスプリングをコッキングして

そのテンションを保持すべく、純正の

ABS樹脂製レシーバーでは強度不足で

こうしたパーツ類があったのです。

 

この銃を作った時はメタル製に拘り

組み上げてみましたが、

実際にサバゲフィールドに出て

以下の通りとなりました。

 

 

硬いはロマン

  軽いは正義

 

 

・・・クラウンのU10ライフルの

有用性、有効性がよくわかりました

(;´・ω・) ち~ん

 

 

色々細部までこだわって組み上げた

このスーパー9プロですが、

 

■自宅にSS-9000系列の銃が多数あること

■重たいスーパー9プロより軽い方がいい

■この銃はHOPが付いていない

 

等々の理由から、

今回は手放すことにしました。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210503225532j:image

 

せっかくなので、動画を撮影して

この銃の記録を残しておこうと思います。

 

 

次の記事ではいつものテイストで

作動の様子、そして初速計測を

行います。

 

 

続きます。

(/・ω・)/””