DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

(;´・ω・) こんな時に限って・・・そう・・・沼だからさ・・・

「嵌る」

はまる

HAMARU

 

・穴の場所にピッタリと収まる様

・うまくあてはまること

・くぼんだ場所などに落ち込む

・計略にのせられだまされる様

・関わりから抜け出せなくなる様

 

 

だそうです。

 

私の場合、「関わりから~」が

当てはまるのでしょう。

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505164109j:plain

 

前出記事のAR15A2 DELTA H-BARですが

JACのM16シリーズの中でもかなりレアで

ヤフオクでも年に1度見るか見ないか。

 

特にチークパッドを装備した個体は

間違いなく¥10,000以上の競合が必至。

 

最近の落札状況を調べてみたが、

高額なものでは¥20,000以上の落札も

あったようだ。

 

そんなJACのDELTA H-BARですが、

私が沼にハマった2012年頃・・・

既にレアアイテム化していたにも関わらず

なぜかそんなときに限って

 

 

 

目に留まるんですよ

 

(;´・ω・)

 

 

今回の記事は我が家にある

DELTA H-BAR 全員集合

総出演となりマス。

 

 

ゲットした順番、そして

入手した経緯などをご紹介するのデス。

 

 

【1挺目】JAC AR15A2 DELTA H-BAR 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505231536j:image

 

まずこの銃、そして当時をご存知の方で

「え?この銃ODカラーあったの??」

となるでしょう。

 

違います。これは塗装品です。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505231504j:image

 

 

まずは手っ取り早くオークションで

「AR15」

「DELTA」

JAC」と検索する毎日。

 

そこで初めてヒットしたのが

このODに塗装されたDELTA H-BAR

 

実は画像ではよくわからなくて

自宅に届いてから「!?」となった。

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505231532j:image

 

にしてもキレイな塗装。

予想してた漆黒のDELTA H-BARと違うけど

これはこれでいいな・・・と思い早9年。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505231451j:image

 

サブチャンバーを抜いて保管してある。

発砲できない状態です。

 

【2挺目】JAC AR15A2 DELTA H-BAR

(いちいち書かなくてイイって・・・)
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505231447j:image

 

この銃がブログ書き始め初期に、

記事にしたモデルです。

「幾星霜の時を超え・・・甦れ!」シリーズ

第1弾の銃となりました。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505231436j:image

 

チークパッドも装備しています。

純正となりマス。さすがに汚れが・・・。

まぁ使い込んでる感があっていいでしょう。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505231459j:image

 

実はこの銃、近所のおもちゃリサイクル店で

二束三文で投げ売りされていました。

しかもKM企画のSCSが搭載されていて・・・。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505231431j:image

 

おかげでSCSを探す手間が省けてヨカッタ。

が、しかし

このDELTA H-BARを店頭で見つけたときに

それは発見されたのです。

 

【3挺目】JAC AR15A2 DEL・・・

言わせねーよ

( ・д・)⊂彡☆))Д´)ウッ…
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505231529j:image

 

ええそうです。

3挺目のDELTA H-BARですが何か?

 

実は2挺目と3挺目はおなじリサイクル店に

2挺まとめて売られていたのデス。

それを購入しました。

 

実はそのリサイクル店は

テクニカ ステージⅢDXを発見した

あのお店なのデス。

 

子どものおもちゃを買いによく

足を運んでいたのですが、

思いのほかいい出物があり、

他にも

・マルイG3A3

・マルイG3SG-1

・マルイP90

は実はこの店舗でゲットしたのです。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505231440j:image

 

なおこの銃のグリップには

デルタのメダリオンがありません。

 

何ゆえかは後出記事で書き綴ります。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505231517j:image

 

例によってサブチャンバーを抜いて

発砲不可としています。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505231525j:image

 

ところでこの3挺目のDELTA H-BAR

ハンドガードの中に何やら金ピカパーツが

見えますね・・・これは一体?

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505231455j:image

 

ハンドガードを外すとアウターバレルに

何やら太い筒が・・・。

 

これは「リコイラー」と言いまして、

BV式の特徴であるバレルの前後運動を

その運動エネルギーとして利用し、

金色のオモリを前後させて、

銃の発砲に合わせてリコイルを再現する・・・

というモノなのでアリマス。

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505231507j:image

 

また重りを装着した重いバレルを

より高い圧力を掛けて弾を発射する事で、

威力が上がるパーツとされております。

 

オマケにインナーバレルと連動することで

バレルの左右回転を抑え込み、

命中精度向上の効果がある程度見込まれたと

されています。

 

しかし6.1mmのバレル内径で

タイトバレルと称された時代のことですから

効果のほどは・・・ね。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505231522j:image

 

これらが私のDELTA H-BAR沼です。

(;´・ω・)

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505231511j:image

 

今もデスクの右横・・・一番日の当たらない

隅っこに「沼」として集まっています。

 

 

もう一度ここに没頭して

サバゲーにまで持ち出すように

なってしまったら・・・

 

 

私はもう二度と皆さんの元には帰れない

 

 

沼・・・そう・・・

 

 

沼なのよ・・・

(;´・ω・)