DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

より低燃費を求めて・・・MGCじゃないよ!MMCだよ!

随分とBV式ガスガンにのめり込んでしまい

数多くのモデルを手にしてました。

 

その後、トイテックのPV式ガスガンに

傾倒しました。

 

この頃、少し思っていた事がありました。

 

もっと

燃費のいい銃

ないかな?

 

 

 

という事です。

 

 

外部ソース銃はタンクにエアを溜め、

それをパワーソースにしてユニットを動かす、

つまり残弾と併せてエアの残量も

気になるシステムであります。

 

そりゃ燃費が良いに越した事はない

(;´・ω・)

 

トイテックのユニットもBVに比べれば

大変燃費の良いシステムでしたが、

「更なる低燃費」を求めて、

この銃を手にしたのであります。

 

 

 

どん!

 

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210626234658j:image

 

 

MMC  M16A2 

PV式ガスガン 

 

コイツです

 

早速レビューします

 

 (/・ω・)/”” ワショーイ

 

■まず初めに■

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210626234800j:image

 

この個体は中古でゲットしましたが、

塗装されていました。

そのため純正色ではありません。

 

■チークパッド■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210626234815j:image

 

同社製のM16A2 には

エアコッキング

・PV式ガスガン

この2種類がラインナップされていましたが、

PV式ガスガンは更に

・スタンダードなモデル

・SP

と存在しており、SPはチークパッドと

マガジンクリップが標準装備という

豪華な仕様でありました。

 

■全景(左)■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210626234735j:image

 

よく考えて見るとあの当時のトイガン

M16A2っていうのは中々攻めたラインナップと

感じます。

殆どがM16A1又はベトナムでしたから、

A2はとても斬新に映ったのを覚えています。

 

ある友人が当時発売されたばかりだった

エアコッキング式のM16A2を使用しており、

何となくオシャレに見えました(笑)

 

ハイダー
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210626234719j:image

 

バードケージ型ですね。

なおコレは金属で作られており、

取り外し可能なのですが・・・

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210627124838j:image

 

差し込んであるだけ

(;´・ω・)

 

 

このMMCというメーカーは、

リーズナブルにモデルを提供する企業で、

実銃のリアルな再現というよりは、

作動優先・プライス還元というメーカーでした。

 

 

 

■マズル周り■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210626234650j:image

 

ハイダーとアウターバレルは

金属パーツで出来ています。

 

 

■ハンドガード■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210626234727j:image

 

1989~1990年頃の

トイガンファンに「M16A2」と言えば、

恐らく大半のみなさんが思い浮かべるのは

MGCなどで取り扱われていた

カービンサイズのショーティーではないかと

思います。

 

ですのでこうしたフルサイズの

スラリと伸びたA2ハンドガードは

当時の私たちには新鮮に見えました。

 

 

 

■刻印■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210626234739j:image

 

モデル名称はM16A2としていますが、

刻印は「AR15 A2」となっています。

 

当時としては実銃の情報源は現代と違い

平たいケータイで検索・・・ではなく

海外での取材を元にしたものなので

造形もややデフォルメされていたり、

実銃とは異なる造形であったりと様々でした。

 

特に消費者へプライスで還元する事を

主眼に置いているメーカーの作り込みは

時として「www」的なものもありまシタ。

 

例えばコレ・・・

 

■テイクダウンピン■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210626234751j:image

 

プラスネジ(笑)

(^▽^;)

ご愛嬌ですよ。

 

 

そして

 

 

 

セレクター■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210626234731j:image

 

真ん中にネジ

(^▽^;)

これもご愛嬌。

 

 

 

■チャーハン■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210626234850j:image

 

これも可動しません。

モールドではなく別パーツとなっていて

いかにも動きそうなのですが、動きません。

 

 

■チークパッド■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210626234806j:image

 

メーカーとしてこれを標準にしたのは

なぜでしょうか・・・

 

 

恐らくちょうどこの発売の直前、

GUN誌にて「AR15A2 DELTA H-BAR」の

特集が出ていたのデス。

 

JACではこのモデルを再現したものが

発売されたのですが、

もしかしてMMCはこの記事を元に

チークパッドを装着したモデルを

上位グレードとして発売したのでは?と

つい勘ぐってしまいます。

 

 


■エジェクションポート■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210626234711j:image

 

どちらも別パーツで構成されていますが、

やはり可動パーツではありません。

 

動かないケド、とてもよくできてマスよね、

当時の若者たちが想像を掻き立てて

実銃への想いを馳せるには十分な造形です。

 

■キャリングハンドル■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210626234645j:image

 

スコープ搭載が出来るように真ん中には

スタッドボルト用の穴が開いています。

 

特にメーカーとしてオプションのマウントは

無かったと思います。

■2021/07/05追記■

tomo工房さんより情報提供あり

MMC から各種倍率のスコープとマウントが

発売されていたそうです。

 

 

社外の実銃用もしくはオプション品である

汎用マウントベースが使用できます。

 

 

■マガジン■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210626235025j:image

 

樹脂製です。

軽くて傾向しやすいのですが

 

 

 

実は

このマガジンには

秘密がある

 

 

 

後程の記事で

明らかにいたします。

 

(;´・ω・)

マガジンが大クセ

 

■刻印■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210626234706j:image

 

同社の刻印です。

 

現代のサバゲーマーに

MMC

 

こう伝えても

 

MGCですか?

知ってます

マルイみたいな

当時のトップメーカー

だったんですよね?

 

 

そういわれるコトしばしば

(;´・ω・) 違うってばぁ・・・

 

■Rサイト■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210626234819j:image

 

上下左右の調整が可能ですが・・・

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210626234846j:image

 

可倒式ピープサイトは動きません。

 

■アシストノブ■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210626234723j:image

モールドではなく別パーツ構成ですが、

残念ながらこれも動きません。

 

てな具合で、

実銃に近い造形でリアルを追求した

アサヒやJACMGC等とは異なり、

価格優先でデフォルメをしつつも、

手抜きではなく細部を再現するといった

開発陣のこだわりがうかがえる逸品です。

 

というわけで、

次の記事では作動編として

もう少し詳しく掘り下げてみましょう。

 

 

続くのです

 

(;´・ω・)MGC

(;´・ω・)まぎらわCぜ

(;´・ω・)MMC・・・