DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

(;´・ω・)懲りない男だな。昨日の今日だぜ?

 JAC AR15A2ガスブローバック

マトモに弾が出ないという症状に

出会したにもかかわらず、

また次に同じ銃を・・・

 

 

 

 

 

 

 

しかもコイツを手に入れた

 

 

 

 

 

 

 

どん

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725015442j:image

 

 

 JAC AR15A2ガスブローバック

ライフルレングス

 

 

 

 

 

 

2012年の私はまだまだおじさん力の低い

青二才だった・・・

 フッ

(。-`ω-)y-゜゜゜

 

 

 

 

 

確かに今ならばこんな過ちをすることは無い

 

 

 

しかし若さというものは、

「この障壁を超えられるのでは?」

「自分は貫いて見せる」

 

というアツさに突き動かされて

加速していくものなのでしょう。

このモデルを手に入れた背景は

「若さ故」この一言に尽きますね。

 

 

 

 

 

 

ではクローズアップしましょう

(/・ω・)/ミ わしょーいい

 

 

■マズル周り■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725015435j:image

 

 

ショーティのAR15A2でも

既にレポート済みですが、

とにかく鉄です。

 

至る所に錆やくすみがアリマス。

これはこれでいい味ってやつですね。

 

 

■ハンドガード■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725015344j:image

 

 

BV式ガスガンと異なり

ガスチューブ・ヒートシールドが

再現されています。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725015358j:image

 

↑ ヒートシールドの様子。

  ガスチューブの様子 ↓


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725015341j:image

 

 

■レシーバー(右)■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725015439j:image

 

 

ライフルレングスのものも

ショーティと同一の作りをしています。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725015424j:image

 

 

刻印が打たれていますが、

よく見ると「彫られている」ではなく

「浮上っている」様に見受けます。

 

恐らく鋳型で作っているからでしょう。

 

 

■グリップ■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725015417j:image

 

 

ココは純正と異なります。

よりH-BAR スポーターらしくするため

同社製のBV式DELTA H-BARより

移植しています。

 

GUN誌で見た実銃のAR15A2に

近づけたかったからです。

 

ワタシの理想とするDELTA H-BARは

  1. ・A2レシーバーであること
  2. ・デルタエンブレム装着
  3. ・ライフルレングス
  4. ・チークパッドを装備
  5. ・刻印にAR15A2 SPORTER
  6. ガスブローバック
  7. ・ショートマガジン
  8. ・ホースレスである
  9. ・HOP搭載でキモチいい弾道
  10. ・そこそこ当てられる性能

これらを有しているというのが

完成形です。

 

現在のところ一番近いのは

JACのAR15A2ガスブローバックです。

 

 

■スコープ■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725015406j:image

 

 

 

無名のモノが搭載されております。

 

 

そして何ゆえか?

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725015432j:plain

 

 

 

キルフラッシュ搭載(笑)

たまたま余ってたスコープだったからぁ

(;´・ω・)

 

 

■ボルト■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725015402j:image

 

 

 

前出のショーティで

「真鍮コンニチワユニット」と

ご紹介しておりますが、こちらも同様。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725015421j:image

 

 

真鍮コンニチワ

(*・ω・)ノ コニャニャチワ

 

 

 

■ストック■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725015351j:image

 

 

 

ライフルレングスなのでショーティとは違い

固定式のストックです。

そしてワタシのコダワリ

チークパッドを装着しています。

 

 

 

■リアサイト■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725015428j:image

 

 

AR15A2というモデル

いいですよねぇ・・・コレ

上下左右に調整可能なので

気分が高まりますよ。

 

 

ここまで見ただけでも

JACというメーカーが

モノづくりに懸けた想いを

垣間見ることが出来ます。

 

 

「まだ世にないものを作る」

 

 

 

 

確かに現代長モノガスブロと比較しては

性能差は著しいです。

しかしながらメーカーの製作意欲というのは

今の時代にガスブロを楽しめるための

大切な1ページだったのだと感じています。

 

 

 

■全景(左)■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725015410j:image

 

 

反対側から見てみましょう。

バレルはスチールで錆びっぽく

レシーバーはアルミのため黒というより

すすけたグレーとでもいうのでしょうか?

 

 

 

現代のトイガンには無い雰囲気を

醸し出しているのは間違いないです。

 

 

 

■刻印■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725015414j:image

 

 

 

コダワリの一つ

「SPORTER」の刻印

そして

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725015348j:image

 

 

 

民間仕様を表している

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725015355j:image

 

 

SEMI

 と

FIRE

の2ポジション

 

 

 

 

うーん佇まいは

カッコいいんだケド・・・・

所有欲は満たされるんだケド・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

何だかなぁ

(;´・ω・)

 

 

 

そしてAR15A2の記事も

 

 

 

 

続くんだなぁ

(;´・ω・)