DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

二式スポーターのアクションと歴史を・・・見るッ!

タナカワークス 

二式スポーター モデルガン

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210731144534j:image

 

先ほどは「狙撃~完結篇~」の

紹介と併せてでしたので、

今回はこの銃に関する歴史などを

書き綴ってまいります。

※ほとんどネット記事のコピーです※

 

 

二式小銃開発の経緯は、ドイツ軍の使用していた

銃に倣って開発されたのだそうです。

 

Kar98kをベースにしたテイクダウン式のk98/42。

挺身をひねることで前後に分離可能で

落下傘部隊が使用していたのがヒントだそうです。

 

始めは三八式歩兵銃をベースにした

試作一式というモデルが開発されたそうですが、

いくつかのトライ&エラーののちに、

ベース銃がより強力な弾薬を使用する

九九式へと改められて出来上がった

それが「二式テラ」となったそうです。

 

なお「テラ」の語源については諸説あり、

挺身落下傘部隊(テイシンラッカサン)の

頭文字をとっているという説が有力です。

 

なおスポーターモデル誕生の経緯は

太平洋戦争敗戦後に鹵獲されたものが

民間の手に渡り、前後分離できるという

特性を生かし、スポーターストックに

機関部を搭載して出来たようで、

映画ダーティーハリーで、犯人が

使用したことでも有名ですね。

 

 

 

では実際にこの二式スポーターを

動かしてみましょう

 

 

アクションワショーイ

(/・ω・)/

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210731165605j:image

 

 

まずはボルトを操作。

ハンドル基部においては

跳ね上がり角度が直角に近く、

真上にスコープを搭載する一般的な

ライフルとはちょっと違いがアリマス。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210731144617j:image

 

7.7㎜実包のカートリッジを収めたところ。

 

このモデルをお持ちの方はご存知だと思いますが、

二式スポーターはアクションが硬いので有名。

スムーズな作動・排莢を楽しむには

それなりの知識と技術力がないと難しいです。

 

ワタシは購入後、何も調整していないので、

ごくまれにカートを装填した後、

ボルトがリムを咥えて戻ってくれなくて

チャンバーからカートを取り出すのに

苦労することが苦労することがしばしば

ありました。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210731144541j:image

 

 

そしてこのボルト閉鎖の「最後の一押し」

 

ココが

めっちゃ硬い

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210731144549j:image

 

 

右側面にテイクダウンピンがアリマス。

このピンはAR15のようなテンションに任せて

差し込むようなものではなく、

ネジによってねじ込み固定をするものであります。

 

ちょっと錆が出ちょる

(;´・ω・) しょーがないよ・・・

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210731144553j:image

 

 

連結においてはM700テイクダウンのような

90度回転させてから合体・・・ではなく

そのまままっすぐ差し込みます。

 

その後ピンをねじ込んで

連結完了・・・です。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210731144556j:image

 

 

ボルトを引き抜くには

このボルトストップを横にうごかすことで

ロックが解除され引き抜けます。

 

この辺はモーゼルとかと同じですね。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210731144545j:image

 

挺身の前方側

燃焼ガスが抜ける穴っぽいのはあるケド、

銃口が完全閉鎖されているので

実弾の発砲は不可でアリマス。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210731144531j:image

 

「狙撃~完結篇~」において、

松下は銃をこのように分離した状態で

アタッシュケースに収めて狙撃地点へ

向かっていました。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210731144538j:image

 

マガジンのリリースはこのレバーで

行います。

 

後方に引っ張ると

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210731144613j:image

 

 

パカっとな

 

ここで気づいたのが

 

う~ん

錆ちょる

(;´・ω・) 仕方ないよぉ・・・

 

 

こうして大きな傷もなく

何十年も無事に過ごしてきただけでも

ありがたい・・・。

 

で、

 

 

いつもならば、モデルガンなので

発砲動画は無いんですケド、

今回は思い立ったことがありまして

 

 

 

動画・・・つくりました!

次の記事では

実際に動く二式スポーターを

お目に掛けます。