DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

ハートフォードとタナカワークス 2挺のコンバットマスターピースを・・・比較するッ!

2014年頃に入手した

ハートフォード(以下:HWS)の

S&W M15 コンバットマスターピース

 

 

 

 

 

この記事では今年2021年に入手した

タナカワークスのペガサスリボルバー

並べてみて比較してみます。

 

 

 

 

 

 

 

■全景■

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211107223852j:image

左:タナカ・ペガサス  右:HWS・モデルガン

 

 

 

表面の風合いに違いはあるものの

2挺ともHW素材です。

タナカの方が黒っぽくてHWSはグレーっぽい。

 

 

どちらも異なるリアルさがあり、

これは甲乙つけがたい部分です。

 

 

■刻印■

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211107223807j:plain

手前:HWS・モデルガン

奥側:タナカ・ペガサス

 

 

確かタナカのはS&Wのライセンス取ってたはず。

だから外箱も実銃そっくりだし、刻印も・・・。

 

 

パッと見た感じ、HWSのもS&Wロゴを

そのまま再現しているように見える。

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211107223804j:plain

手前:HWS・モデルガン

奥側:タナカ・ペガサス

 

 

ココはタナカが「MADE IN USA」に対し

HWSは「SPG-HWS,JAPAN」となっている。

 

 

デフォルメされている処を見ると

公式ライセンスではなさそうですね。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211107223840j:image

手前:HWS・モデルガン

奥:タナカ・ペガサス

 

HWSの方が刻印としては

カッコいい気がする・・・。

タナカのは文字の周りに枠が薄っすら

見えているのデス。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211107223758j:image

手前:HWS・モデルガン

奥側:タナカ・ペガサス

 

ああっ!

(; ・`д・´)!

 

 

HWSの方はよく見たら

「S&W.357MAGNUM」になってる!

 

 

 

M19の刻印と同じ・・・

てことは・・・

 

 

 

・・・まさか!

 

 



■バレル■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211107223859j:image

 

 

よく見るとバレル上面のリブ?の太さが違う。

というより形状そのものが違う!

 

側面から比較すると一目瞭然ッ!

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211107223801j:image

HWS・モデルガン

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211107223815j:image

タナカ・ペガサス

 

 

 

 

これを見ると、シュラウドをカットしただけで

M19のバレルをそのままM15としたフシがある。

 

 

 

 

(まさかよぉ・・・)

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211107223837j:image

 

 

M15は38special

M19は357Magnum

 

呼び名による口径は異なりますが、

実は両方とも同じ直径の実包なのデス。

357Magnumを使用する

・S&W M13

・S&W M19

・S&W M327

・S&W M380

・S&W M586

・COLT PYTHON

・COLT KINGCOBRA

これらの銃では38specialも使用できるのデス。

 

 

しかしその逆は不可能で

・M10

・M15

・M36

・COLT Detective

などの38specialを前提としている銃に

357Magnumは装填できません。

 

 

マズルエネルギーの違いから

フレームの耐久性に不安が生じるため、

38specialの銃に357Magnumが装填できないよう

「ある工夫」がされています。

 

 

それは「シリンダーの長さ」です。

 

 

 

M15はケース長の短い38special専用として

シリンダーが作られているため

ケース長の長い357Magnumは装填すると

弾頭が飛び出してしまう様に設計されています。

つまり物理的に装填出来ない様になっています。

 

 

そこで・・・

HWS・タナカともにシリンダーを外し

全長を測ってみるコトにしました。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211107223828j:image

 

 

まずタナカ・ペガサスは・・・?

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211107223752j:image

 

 

40.4㎜

 

 

続いてHWSを・・・
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211107223856j:image

 

 

ノギスを当ててみますと・・・

何と!

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211107223834j:plain

 

 

43.0㎜!

 

 

HWSのモデルガンは3㎜近く長いの!

これはつまりM19のシュラウドだけを

カットして作られた銃・・・ということを

表していることになりマス。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211107223818j:image

 

 

 

ココでもう一つ・・・

検証してみましょう。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211107223844j:image

 

 

こいつは357Magnumのダミーカートです。

もしHWS コンバットマスターピース

M19をそのまま転用しているというのであれば、

このカートリッジも装填できるはず。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211107223825j:image

 

 

357マグナムのダミーカート・・・

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211107223810j:image

 

 

装填してみると、口径はバッチリ。

リアルサイズなのですね。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211107223847j:image

 

 

 

後方から見ると、しっかりと収まっている。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211107223831j:image

 

 

 

前面から見てもこの通り。

38specialよりも全長の長い357Magnumも

ピッタリと収まってしまいます。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211107223755j:image

 

 

(・・・・・・)

 

 

 

そうか、そうだよな・・・。

メーカーさんとしてはコストも大事。

我々ファンに夢とトキメキを届けるために

工夫を凝らしてくれているんだもんな。

バブルのころと違って、

今は新しいものを作り出すのに

苦労が伴う時代。

 

M19金型の転用から

このコンバットマスターピース

生まれたのですね。

 

 

別にこの事で、HWSのM15を嫌いになったり

トキメキが無くなることは無いです。

またメーカーさんの努力が伝わりました。

それとタナカワークスさんのM15にかける

情熱もまた伝わったのであります。

 

 

 

それどころか

「カートリッジを装填できるM15」は

このHWS製が唯一無二なのデス。

 

 

 

コイツを用いて、更に楽しむ・・・

 

次の記事では・・・そう

 

 

このHWSコンバットマスターピースを使って

あの作品の登場人物にシンクロしてみます。

 

 

 

続くよ!

(*・ω・)ノ