DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

(;・∀・)7挺目のデルタエリートは・・・

2021年12月某日

 

 

 

暮れも差し迫ったこの時期に

あるオークションの出品に目が留まり

晴れて落札と相成ったデルタエリート

 

 

 

 

到着しましたので

レビューします。

 

 

 

 

デルタエリート

ワショーイ

(/・ω・)/

 

 

 

 

 

 

 

■ガンケース■

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211218183326j:image

 

 

 

ダブルベル・・・といえば

そうですね。このガンケースです。

 

 

デルタエリートも同様いガンケースに入れられて

出荷されています。

 

 

ていうか同様に・・・というより

ラベルまで

全く同じ

ガンケース

 

 

 

 

なのです。

 

 

 

 

これじゃ出荷するときに

間違えないでしょうか???という

ワタシの余計な心配は

ここにあるラベルで解消されていました。

 

 

 

 

ペタ・・・

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211218183319j:image

 

 

 

ここなのねー

(;´・ω・)

ここにしっかり「DELTA」って

ラベルが貼ってありましたので

問題なし・・・。

 

 

 

 

 

 

■いざ開封
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211218181503j:image

 

 

 

別に新品レビューではないから

わざわざ開封儀式みたいなことは

いたしませんが、ラッチに手を掛けようと

見たところ、何やら刻印が入っている。

 

 

 

 

 

なんだろ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211218183413j:image

 

 

 

 

右側に「BELL」

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211218181514j:image

 

 

 

左側にも「BELL」

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211218181503j:plain

 

 

 

二つ合わせて

DOUBLE BELL

 

 

 

 

 

 

ていうか、ダブルベルになる前

「BELL」って名乗っていた時期があって

ロゴも鈴が1個だけの時があった気がする。

 

 

 

・シャレでやってるのか?

・本気なのか?

 

 

よくわからないメーカーだな

(;´・ω・)

 

 

海外エアガンメーカーでは

老舗?というか、長年営業している会社は

少ないのでは?

 

ワタシはあまり詳しくないのですが、

10年位前からある海外メーカーといえば

WE・VFC・UMAREX・G&G・ARESくらいかな?

 

 

ARESは途中STARから名前が変わっていましたね。

 

 

 

ベル → ダブルベル・・・

事情が分からん・・・

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211218181450j:image

 

 

 

開封すると

中身が確認できます。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211218181510j:image

 

 

 

まずは銃本体。

ちなみに以前「くろねこYZ」さんの動画で

ダブルベルの開封動画や動作レビューをしていて

その時見たことがあります。

 

 

まだくろねこさんが自動音声で動画アップを

していたころの動画です。

 

 

その時も同じ内容物だったと

記憶しています。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211218183336j:image

 

 

 

銃本体のほかには

ブッシングレンチ

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211218181507j:image

 

 

 

あとはなぜかブリーチ・・・

(;´・ω・)なんで??

 

 

 

今回はCO2マガジンなしのものを

ゲットしたため、作動チェックは当面134aで

行うことになりますが、CO2だと

壊れやすいから予備?ってことカナ。

 

 

それとも初速調整用?

 

 

謎だ(;´・ω・)

 

 

 

 

 

■外観■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211218183346j:image

 

 

 

左側にはDELTA ELITEの刻印

 

不思議な感じだよ。

ルックスはまんまミリガバなのに

刻印だけDELTA・・・

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211218183312j:image

 

 

右側を見ればそのままミリガバ。

何も考えずに手に取ってホルスターに収め

いざ銃を抜いた時も集中してて気づかず、

あとで銃のメンテナンスをする時に

初めて気づきそうなレベル・・・

 

 

こわ・・・

(;´・ω・)

 

 

 

 

 

 

 

■フロントサイト■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211218183350j:image

 

 

 

致し方ないが、

ここは大型化されておらず

ミリタリーモデルの形状そのまま。

 

 

まあ価格もそうだし、海外製だし

今回は最初から割り切って購入しているので

全く問題なし。想定の範囲内だ。

 

 

 

 

 

■リアサイト■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211218181517j:image

 

 

 

こっちも同じ。

ミリタリーモデルと全く同じ。

想定の範囲内だ。問題はない。

 

 

 

(。-`ω-)y-゜゜゜

そう・・・ワタシはおじさんなのだ。

おじさんとは、幾多もの経験を経て

先読みを利かせてクールに生きるもの。

 

 

今のワタシにはスキなどないのサ

 

 

 

■サイトピクチャー■

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211218181453j:image

 

 

 

 

構えた瞬間、違和感あり。

おいコラ!

(;・∀・)☆

 

 

 

何か右肩下がりな感じ!

 

 

 

 

 

 

わかりやすく白いものに向かって

銃口を向けると・・・ほら!

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211218183315j:image

 

 

 

 

くそー

不良品ではないかッ!

(;・皿・)☆

 

 

 

 

おじさん、ついアツくなってしまった。

(;´・ω・)

 

 

・・・いや・・・問題ない・・・

いざとなったらサイト交換すればいい。

 

 

 

ていうかなんでこうなるかな?

このブログを長年ご覧の方であれば

ご存じかもですが、私のデルタエリートは

アサイトがノバックになっています。

 

 

その理由はリアサイトを紛失したから。

 

 

 

 

別に好きで交換したわけではないので

「なんだよ・・・またかよ・・・」

 

 

という気持ちなのデス・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■マズル■

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211218181521j:image

 

 

 

 

 

これはビックリ。

サイレンサー用のねじが切られてる。

 

 

 

確かにCO2ガスブロは銃声デカいもんな。

発砲すればすぐに位置がわかるもん。

 

 

 

確かにあって困るものではない。

これはいいカモ。

後で銃声を比較する動画を撮ろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

■エジェクションポート■f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211218183330j:image

 

 

 

 

ここも1911ミリガバを使いまわしているようだ。

 

 

コレ・・・・

「CAL 10㎜AUTO」って

自分でできるかな・・・

チャレンジしてみるのもいいカモ

 

 

 

 

■刻印■

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211218183341j:image

 

 

 

多少の仕上げの粗さは否めないが

悪くないのでは・・・と思います。

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211218181457j:image

 

 

 

 

しかし・・・刻印が後ろすぎないか?

おかげでスライドが長く見える

錯覚というオマケ付き。

 

 

 

 

■ミリガバの名残■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211218183354j:image

 

 

 

 

トリガー・セイフティ・スライドストップ

この3パーツはミリガバの名残ですね。

 

 

マルイと互換性があるならば

シリーズ70のパーツをつけて

ドレスアップをしてもいいカモ。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211218183323j:image

 

 

 

ミリガバの名残とCO2の証。

フレームにはボンベを交わす加工、

そしてメインスプリングハウジングには

ランヤードリングが装備されています。

 

 

 

 

■付属のマガジン■

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211218181500j:image

 

 

 

左はワタシの元々の所有物

右側が今回のデルタエリートに付属のもの。

 

 

 

マルイのマガジンだと思ったけど、

よく見たら注入バルブの形状が違った。

 

 

 

どうやら元からCO2モデルではないのカモ

 

 

 

 

というわけで

怪しいデルタエリートの開封レビューでした。

 

 

 

 

次の記事では発砲動画をご覧頂きます。

そして徹底比較?というほどでもないケド

他社のデルタエリートと比べてみましょう。

 

 

 

 

デルタリートの記事は

つづくよー

(/・ω・)/