DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

~好きすぎて アンダーラグ~ クラウンのガスリボルバーを200%楽しめます※個人の感想です(笑)

というわけでフルサイズ風カートリッジを装填排莢できるようになった、クラウン S&W M586 ガスリボルバー 6インチ カスタム。

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200105035304j:plain

準備完了(*'▽')

 

さっそく動画を取りましたので、どぞ。

弾はいつもの0.2gバイオ弾ですが、今回ちょっと趣向を凝らしています。

 

1回目・・・クラウン純正オーセンティックカート

2回目・・・グンゼ産業純正 M586エアリボルバー用メタルカート

 

で計測しました。

 

どぞ(・ω・)ノ

 

www.youtube.com

 

1発目・・・64mps

2発目・・・63mps

3発目・・・63mps

4発目・・・63mps

5発目・・・63mps

6発目・・・60mps

リロード (*'▽') ♪ 

7発目・・・62mps

8発目・・・61mps

9発目・・・60mps

10発目・・・59mps

11発目・・・60mps

12発目・・・57mps  以上の結果となりました。

 

 

最初の6発は非常に安定していましたね。

で、7発目以降はグンゼのメタルカートに変更しましたが、実はこの計測で使用したガスはハイバレットガスです。このガスは旧来のパワーソースであるHFC134aとは異なり、HFC152aという冷媒ガスを用いています。

性質として不燃性(134a)か難燃性(152a)かという違いがあるのですが、もういくつかの違いとして

■152aは134aに比べて、連続使用するとガス圧の低下が早く、パワーダウンしやすい 

■同じ温度では134aに比べて152aは若干圧力が低い=パワーが落ちる

 

なのであります( ˘ω˘ )

 

ですので7発目以降はパワーがグッと落ちるはずなのですが、ダブルアクションで連発してもほとんどパワーが落ちません。これはなぜか?

 

ずばり「カートリッジのサイズ」

        と

続いて「後方保持カートリッジ 」

        と

併せて「パッキンの保持力低下により抜弾抵抗が少ない」

 

だからです。

 

純正のパイソン用オーセンティックカートだと、射撃は可能ですが、若干のパワーダウンが見られます。同じメーカーの357マグナムでも、カート全長はS&W用が長く、コルト用が少し短くなっていますので、それがパワーダウンの要因となっています。

 グンゼのカートリッジ は前後長が充分にあり気密性が確保され、さらに後方保持パッキンでパワーロスが抑えられるから・・・というロジックです。

 

また、グンゼのカートリッジは新品購入からすでに24年が経過しています。保持力といった点では、現行品より劣るのでしょうが、抜弾抵抗が少ないため、他のカートリッジ式リボルバー(357マグナムに限る)で純正カートより高い初速値を出します。

 

別動画でも挙げているのですが、マルシンM586Xカートリッジモデルでもこのカートリッジを転用していますが、何と初速が70mps以上出ます。夏なら80mps以上出ますので、カートリッジと銃の相性って、意外なマッチングがあるものです。

(後程記事にてまとめます)

 

最後に、無心でひたすらこのM586を射撃・リロードを繰り返しました。

この時間・・・とっても好きなのです。

自宅でリボルバーにカートリッジを込めて、無心で的に向かうことができる生活。

しかも弾がまっすぐ飛ぶし、的にしっかり当たるし、パワーもあるし。

 

これも自己満足の世界ですが、どぞ(・ω・)ノ

www.youtube.com

 

リロードはリボルバーの醍醐味の一つであるのですが、クラウンのスピードローダーについては2点不満な点があります。

1点目・・・

リムの保持が緩いことに起因する弾頭部分の広がりです。そのおかげでスピードリロードをするアイテムのはずが、かえってモタついてしまうことです。

 

2点目・・・

カートのロック⇔リリースの回転が、HKSのスピードローダーと逆なことです。

おかげでいつも間違えてしまうのです (;´・ω・)

 

というわけで、クラウンのガスリボルバーを200%楽しむ方法でした。

※個人の感想です(笑)