DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

想いを馳せた93R その本体に迫る MGC M93R HGカスタム

いよいよ本体のレビューに移りマス。

 

いやはや長かったな我ながら・・・。

(^▽^;)

 

 

 

まずは外観から。

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200524011304j:plain

 

同じMGCのM93Rでも、

同時期に発売していたAPの方は、

茶色のプラグリップを装着していました。

 

またHGについては

 

■コンペンセイター

■ブラックのツルンとしたグリップ

■トリガーとハンマーはメッキ仕上

 

という点が通常のM93Rとは異なりマス

   ( ˘ω˘   )"""

 

 

表面の仕上げも、通常品とは異なり、

ヘアライン風の表面仕上げとなりマス。

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200524011610j:plain

 

続いて刻印です。デフォルメについては

前出記事でも少し触れましたが、

こちらはこうなっています。

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200524011654j:plain

 

MGC MODEL-93R-AP となっています。

 

反対側も実銃とは異なりマス。

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200524011758j:plain

 

MODELGUNS CORPORATION 

MADE IN JAPAN

 

 

なおこの銃は固定スライドガスガンですので、

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200524011907j:plain

 

スライドを脱着する際に使用するボタンや

レバーなどはライブではなく、

全てその機構がオミットされています。

 

なおシアについては、トリガーに連動して

ライブで動きます。

 

 

ストックの話題で「アイデンティティの一つ」と申し上げたのは、この銃が非常に個性豊かで、

他の銃にはない機構を数多く有しているからです。

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200524012059j:plain

 

この銃はマシンピストルですので、

操作性を向上させ、命中精度を高めるための

工夫としてバレルの下には折り畳み式

フォアグリップが装着されています。

脱着は出来ませんが、折りたたんでおくことで、

銃をホルスターに収めることが可能になりマス。

 

そしてもう一つ懐かしいのがコレ

固定ガスガン用のマガジンは、

ガス噴射口が上に向かってではなく、

前方に向かってガスを噴き出す構造になっているのでアリマス。

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200524012338j:plain

 

今のガスブロではまず見られない形状ですね。

現代のサバゲーマーやシューターは「?」でしょうね。

 

さて、これから銃を実際に発砲させます。

 

 

動画の記事に続くのデス ( ˘ω˘  )""