DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

タカ・カスタム探しの旅 「あの」Fタイプをついに手に入れた!これぞホンモノの輝き

タカ・カスタム Fタイプ

 

 

 

色々なガンショップやリサイクル店を

とにかく廻り尽くして、

ネットでも

「タカ・カスタム」

「旭工房」

「あぶない刑事」

PPC」←これはもう治らないクセ

と検索をし続け、約1年半ほどしたある日。

 

 

 

タカ・カスタム  Fタイプ 

MGCベース

 

 

 

(;・∀・) !!

 

 

もう一度よく見てみる

 

 

 

 

 

「・・・MGCベース・・・」

 

 

 

(゚∀゚) きたーーーーー!

 

 

 

 

絶対に落札してやる!

 

 

 

ポチポチポチポチポチ 

\入札とりゃーぁっ!/

  (; ・`д・´)

 

 

 

 

数日後

 

 

 

 

 

 

 

 

「おめでとうございます。

 商品を落札しました」

 

 

 

 

というわけでようやくこの手にすることが

出来ました。

 

 

どん

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200823141219j:image

 

旭工房 タカ・カスタム Fタイプ

MGCベース 刻印入り

 

 

 

 

これですよコレ!

停電した港署の廊下。

城島の気配を察したタカがホルスターから

ドローした銃の輝きそのもの・・・

 

月明かりの中でブルーに輝いていたスライド

(*ノωノ) ハァハァ

 

 

 

 

・・・いかん!このまま悦な時間を過ごしてたら

明日の朝になっちまうぜ!

 

 

 

 

 

クローズアップします。

主に通常の1911とは違う点、そして

Rタイプとの異なる点などを中心に

紹介します。

 

 

そして接写した時の

ブルーイングの美しさもぜひ

ご一緒にご堪能下さい(笑)

 

■刻印■

この銃にはデフォルトとは異なる

固有の刻印が打ちこまれています。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200823141204j:image

 

左側面は「1911。 45AUTO」

 

 

 

■セレーション■

以前レビューしたタカ・カスタムRタイプと同様、

スライドの前方にセレーションが入っています。

 

よく見ると機械彫りではなく手作業であることが

わかります。

恐らくヤスリかな?一本一本丁寧に仕上げられています。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200823141255j:image

 

 

■スライドストップ■

ここもノーマル1911とは異なる点

スライドストップにチェッカリングが施されています。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200823141223j:image

 

■トリガー■

 

ノーマルの1911はチェッカリングが入っていますが

このタカ・カスタムFタイプはトリガーが面取りされていて

とても滑らかで触り心地の良いトリガーです。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200823141230j:image

 

■ハウジング■

ブリリアントハウジング」と命名された

この銃のメインスプリングハウジングは

Rタイプの「ラブレスハウジング」と

近い形状をしていますが、専用品となります。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200823141159j:image

 

丁寧な作業であることがよくわかりますね!


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200823141251j:image

 

■リアサイト■

 

こちらも専用品です。

削り出して作られたものと思われます。

 

名称は「ブリリアントサイト」というそうです。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200823141242j:image

 

■ハンマー■

 

何度かタカ・カスタムの記事で記載したことが

ありますが、「フラットトップハンマー」になっています。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200823141238j:image

 

■フロントサイト■

 

通常の1911とは異なり、ドーブテールです。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200823141227j:image

 

 

■ステッピング■

 

スライド上面にはステッピング加工がされています。

旭工房さんの商品紹介記事にもありましたが、

確かにワンハンドコックしやすいです。

 

ガスブローバックとは異なり、

リコイルスプリングの硬いモデルガンでも

ワンハンドコックが難なくできます。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200823141234j:image

 

■エジェクションポート■

 

後ろに行くにつれてポートが広がってマス。

右側面の刻印は

「TACTICAL」となっています。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200823141213j:image

 

メインスプリングハウジングを下から見たところ。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200823141247j:image

 

ブルーイング・・・

私はこの銃を探す中で初めて知りましたが、

確かに今ではネットで情報も豊富に手に入り、

その手順も紹介されているのでたくさんの人が

挑戦しています。

 

しかしこの映画が封切られたころ

(あぶない刑事リターンズは1996年)は、

まだそこまで情報も現代の様に多くはなく、

あの当時でここまでの技術を持ってブルーイング出来る

旭工房さんの卓越した技術・・・。

 

テレビや映画の世界で重宝されるのもわかります。

動画でもその質感はバッチリ伝わります。

 

youtu.be

ボディーガードとセットでパチリ。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200823141209j:image

 

 

 リターンズ以降は

ボディーガードもメダリオン入りの

パックマイヤーでしたので、着せ替えて

ツーショットにしてみました。

 

 

 

そして構えてみると

ズシっと重い・・・

 

(*´▽`*)これだよぉ

 

 

ハンマーの落ちる感じ

スライドを引いた時の感じ

握ったときの感じ

構えたときの感じ

マガジンは自重で落下します(笑)

 

 

やっぱりタカ・カスタムはMGC製じゃなきゃ

 

 

 

 

そしてFタイプの輝きに浸りつつ

次の記事ではRタイプとの比較に移ります。

 

 

 

続くのデス

(*ノωノ)ハァハァ