DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

(;´・ω・) あとがき JAC BV DELTA H-BAR

JAC AR15A2 DELTA H-BAR

 

子どもの頃から通っていた

地元のホビーショップのショーケースに

飾られていたこの銃に魅せられてから

約20年後の2012年頃、

ようやく憧れの銃を手に取る事が出来た。

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210520150615j:image

 

銃刀法に抵触しないようにカスタムし、

ようやく発砲できる状態に、と思ったら、

屋外で発砲したBB弾はドロップ弾道。

 

この時の衝撃は忘れられない。

憧れだったはずの銃なのに弾道があまりに酷くて

ショックだった。

 

そこでKM企画のHOPバレル「SCS」を組み込み

ようやくそれらしく仕上がって来たが、

仕事と家庭の狭間で銃を触る時間も限られており

夜中に家族が寝静まった後に銃を取り出し、

車に乗って土手の方に走っていく。

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210520154248j:image
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210520154242j:image

 

土手に向かう車内でシガー電源を用いて

タンクに空気を充填。

 

土手に着いたらヘッドライトの灯りを頼りに

弾道のチェック。

 

2〜3マガジンほど射撃をこなし

弾道に納得出来たら撤収→帰宅。

 

 

 

 

この頃はすでに電動ガンが主流となっており

BV式ガスガンの情報は非常に少なく、

またその中でも希少なDELTA H-BAR。

 

カスタム手法も手探り

カスタムパーツもほぼ皆無

 

組み上げてエアを接続して

スゥ〜っというエアリークを聞くたびに

何度も心が折れそうになった。

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210520154326j:image

 

 

まさに沼。

 

 

 

性能的に不利だと分かっていても

頑なに情熱を注ぎ続けたDELTA H-BAR

 

ガンロッカーのAR15コーナーを見るたびに

あの頃を思い出す。

 

アツい時代の忘れ形見

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210520153753j:image

 

これからも手放す事なく、

ずっと過ごすことになりそうです。

 

JAC

BV沼

DELTA H-BAR沼から這い出た

2012年終わり頃の私でした。