DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

「想い」は「重い」?  第5章の幕開けはコイツだ! 

さて

 

 

 

いよいよ始まりまシタ

ワタシのトイガンライフ第5章

その名は

 

 

下駄箱ガンロッカー時代

 

2013年12月から2016年7月まで

約2年ちょっと家族と過ごした木のおウチ

 

 

ココでオフィシャル?な銃のスペースを

確保することに成功した私は、

第4章で行っていた

押入A(アパートのクローゼット)

  ↓

押入B(実家の自室の押入)

というスキームから、

 

 

第5章では

押入C(木のおうちの下駄箱)

  ↓

押入B(実家の自室の押入)

という変更に相成りまシタ。

 

なお今まではアパートから実家へは

車で15分の隣町同士

 

しかし今回の木のおウチは

スープも冷めないお向かい同士

 

 

 

収集に加速がつく

 

 

 

 

 

 

 

そして第4章当りから

■狙撃

■the EDGE

といった子どもの頃に影響を受けた作品に

登場する銃器などを集めるようになりました。

 

 

 

第5章一発目の銃は・・・

 

 

 

想いも一入・・・

 

 

 

 

 

 

ずどん!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210822013307j:image

 

 

ARES ワルサー WA2000

エアコッキング  

 

です。

 

 

 

 

 

この銃を購入する動機はズバリ

長沢克泰先生の名作

「the EDGE」の第1話で

主人公の御子神鋭士がテロリストを

始末する際に使用したから・・・です。

 

 

その他、リトルコップ第2巻にて

登場するシーンがあります。

これも当時影響を受けた作品の一つですが、

やはり憧れた登場人物が使用した銃器への

想い・・・これでしょう。

 

 

 

 

 

というわけで、

ARESのワルサーWA2000

レビューいたしましょう。

 

 

 

 

レビューだワショーイ

(/・ω・)/””ミ

 

 

 

 

 

■全景(右)■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210822013304j:image

 

 

 

よくあるアサルトライフルでは

・この銃をモチーフにして・・・

とか

・○○を原型として小口径化して・・・

・○○の後継機種として誕生した・・・

 

という系譜というものがあり、

レシーバー・グリップ・マガジンと

似たような位置関係というか佇まいが

あるのですが、このWA2000は一度見たら

忘れられない強烈フォルム。

 

 

似ている銃がない

(;・∀・)

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210822013254j:image

 

 

「機能優先のカタチ」

 

名門ワルサーの拘りが、こういった

奇抜なフォルムを産んだのでしょうか?

 

なおオートマグと並んで、

「実銃よりトイガンの方が売れたモデル」

だそうです。

 

 

なおオートマグは予約段階で数千挺と

ロケットスタートだったようですが、

このワルサーWA2000は定かではないものの

販売数が200挺にも満たないとか。

 

 

またこのワルサーWA2000という銃の

開発経緯はミュンヘンオリンピック

選手村における事件に端を発しており

「即座に第2弾を発射できて

 かつボルトアクションに劣らぬ精度」

 というコンセプトに基づいています。

 

 

 

 

■刻印■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210822013250j:image

 

ワルサー社のロゴと

機種名であるWA2000の刻印

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210822013247j:image

 

コッキングハンドル下部には

6mm BBの刻印

 

限定モデルは

308winと刻印されていたようです。

 

 

■セイフティ■

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210822013210j:image

 

実銃の位置と同じかどうか不明ですが

トリガー上部にセイフティがあります

 

このモデルはエアコッキングですが、

実銃ではセミオートモデルのため、

セイフティにセミフルのセレクター機能は

搭載されません。

 

 

■コッキング  ハンドル■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210822011421j:image

 

左右どちらからでも操作できる

所謂アンビタイプなのですが、

このWA2000はマルイのVSR10の機構を

内蔵しています。

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210822013300j:image

 

コッキングインジケーターはありませんが、

エジェクションポートの状態で確認できます。

上の画像はコッキング前の状態

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210822013214j:image

 

レバーを後ろに引きコッキングすると・・・

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210822013236j:image

 

このようにシリンダーの位置が変わり

コッキングされたことが確認できます。

 

 

■パッドプレート■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210822013202j:image

 

 

射手の体型に合わせて

位置を変えることが出来ます。

 

■バイポッド■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210822013257j:image

 

安定して伏せ撃ちが出来る様に

吊り下げ式バイポッドが装備されてますが、

ワタクシ個人的にあまり使用したくないのです。

 

なぜかというと

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210822013151j:image

 

 

メッチャ尖ってるから

(;´・ω・)

 

 

フローリングの床に思い切り凹みが・・・

大家さん、ごめんなさい。

 

 

■マズル周り■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210822013229j:image

 

このパーツはバレルジャケットになっており

14mm正ネジで装着されています。

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210822013158j:image

 

取り外すとインナーバレルが飛び出しています。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210822011410j:image

 

バレルジャケットの基部です。

もし気分で長めのモノを・・・であれば

好みの長さに変更することが可能です。

 

 

■グリップ■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210822013243j:image

 

 

グリップも勿論木製

色合いがイイので気に入ってます。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210822011414j:image

 

 

 

なお実銃にはステッピング加工が

施されているのですが、

ARES WA2000では省略されています。

 

過去にこのWA2000を模したエアガンは

・アサヒファイヤーアームズ

・GENETH(ゲネス)

この2社でしたが、

両社ともステッピング加工を再現して

発売していました。

とはいえ両方とも大変高価なモデル。

 

かなりのレアものなので、

オークションサイト等でも

中々目にすることはなく、

高額の競り合い必至です。

 

 

 

■マガジン■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210822013221j:image

 

 

実銃ではブルパップのため

マガジンはグリップの後方・・・ですが

ココはダミーとなっています。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210822013310j:image

 

 

弾頭付きのカートリッジが純正品

ワタシは実銃の空薬莢を入れています。

.308ウィンチェスターマグナムです。

 

 

 

 

ではここがダミーだとすると

BB弾を装填するマガジンはいずこ?

 

 

・・・正解はココです。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210822013240j:image

 

 

銃のマズル付近にチューブタイプの

マガジンがアリマス。

 

ここからマガジンを流し込むのデス。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210822011425j:image

 

 

 

ここがマガジンロックとなっているので

押し込みながら銃口を下に向けると

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210822013205j:image

 

 

 

グイっとな・・・

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210822013225j:image

 

 

 

このようにチューブが自重で落下します。

 

ええ

 

マガジンは自重で落下します。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210822013233j:image

 

 

チューブ内に約50発のBB弾が装填できます。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210822013155j:image

 

 

なおダミーマガジンの部分には、

開口部も何もないので、本当のダミーです。

 

 

 

■スコープ■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210822011417j:image

 

 

 

スコープは大柄なものが似合うと思い

Mojjiの4-16X50を搭載しています。

 

 

■コレ・・・なに?■

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210822013321j:plain

 

 

このパーツは一体何のためにあるのか

存じ上げません。

 

ご存知の方いらしたら、

コメント等で教えてクダサイ。

 

 

 

というわけで、

ARESのWA2000でした。

 

 

次の記事では発砲して

初速などを見てみましょう。

 

 

つづくよー

(;´・ω・)