DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

第5章 また沼がありました。

以前記事にしていた

ワタシのトイガンライフ第4章の中で

「沼」が、ありました。

 

 

その沼は

「BV沼」から始まり、続いて

「PV沼」

「外部ソース沼」となってしまったのデス。

 

 

最近は外部ソースを解禁してくれる

サバゲーフィールドもだいぶ増えてきました。

しかし、この頃はまだ2012年頃・・・

 

 

暗黒時代を知るシューターやサバゲーマーからは

白い目で見られ、

若い世代からはイロモノを見る目で扱われる

 

それが外部ソース・・・

(;´・ω・)

 

 

あの沼からは脱出したものの、

実は第5章にもあったのさよ・・・沼が

 

 

 

 

その始まりがこの銃になるとは・・・

 

 

 

 

 

 

 

どん

 

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211212015312j:image

 

 

 

マルイ?

海外製?

 

 

 

 

違います。

 

 

 

 

コイツは・・・

 

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211212015245j:image

 

 

JAC M16ベトナム 

ガスブローバックモデル

 

 

でアリマス。

 

 

 

第4章で同JAC社製品である

AR15A2 ガスブローバック

ライフルレングスとショーティを

記事にしましたが、第5章でも

偶々足を運んだガンショップで見つけてしまい

購入と相成りました。

 

 

というわけで、

JAC M16ベトナム ガスブローバック

レビューいたしましょう。

 

 

ジェイエーシー

ワショーイ

(/ ゜▽゜)/

 

 

 

■マズル■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211212015242j:image

 

 

 

このモデルはベトナムタイプとなっており、

フラッシュハイダーは三又のチューリップです。

 

 

 

 

■アウターバレル■

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211212015234j:plain

 

 


あの頃はJAC製品も廉価版から限定品まで

同じAR15系でもかなりの豊富なラインナップが

揃っていたのでアリマス。

・エクスポート(BVユニットまで樹脂の最廉価版)

・スタンダード(樹脂レシーバーに金属ユニット)

・DX(金属レシーバーに金属ユニット)

・LIMITED(一部部品に実銃用実装品が使われる)

 

 

そしてこのガスブローバックモデルは

JACの最後期の頃のモデルであり、

外装も金属がふんだんに使われており、

錆の浮いている箇所も各所散見されます。

 

 

 

でもこの風合い・・・カッコよくないですか?

ワタシは・・・好きです。

 

 

 

 

 

 

■フロントサイト■f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211212015232j:image

 

 

 

これまた金属製のフロントサイトポスト。

がっちりとしてブレやガタとは無縁です。

 

 

 

■ハンドガード■f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211212015306j:image

 

 

BVモデルの時にはありませんでしたが、

このガスブローバックモデルには

ハンドガード内にヒートシールド並びに

ガスチューブが再現されているのでアリマス。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211212015228j:image

 

 

 

見えないところにまでしっかりと手が入ってる。

JACの全盛期、それはまだバブルの余熱があって

景気の冷え込みなんて誰も想像しなかった。

 

 

 

この頃の日本では

「頑張れば誰もがいい生活を送れる」

という根拠のない上昇志向があり、

 

 

いい車に乗り、都会へ出かけ

いい服を着てオシャレをし

美味しいものを食べ

いい暮らしをする

 

 

有象無象が浮かれていた気がします。

 

 

 

■レシーバー■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211212015237j:image

 

 

 

レシーバーは上下金属デス。

特に塗装もコーティングもしてないようなので

モロに金属って感じですね。

 

 

 

■発射機構■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211212015247j:image

 

 

 

このモデルはセミオートオンリーとなりマス。

そのため・・・

 

 

 

SAFE

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211212015314j:image

 

 

 

発射ポジションは

 

 

FIRE

 

となりマス。

 

 

このモデルの別バージョンでは

フルオートシアを内蔵した

M16A1フルオート もありました。

 

 

 

■リアサイト■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211212015256j:image

 

 

A2タイプ、LMTサイトとは異なり

上下左右の調整がない、ピープサイトです。

 

 

 

可倒式で距離に応じてチョイスできます。

 

 

 

 

■スリングスイベル■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211212015319j:image

 

 

 

ハンドガード前方と・・・

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211212015258j:image

 

 

 

ストック後方についています。

樹脂製のガスガンとは異なり本体の体幹

しっかりとしており、強度に不安はありません。

 

 

 

■キャリングハンドル■f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211212015304j:image

 

 

 

レシーバーが頑丈なので

勿論がっちりしており、

なんでしたらココを持って銃を振っても

何も問題がないくらいです。

 

 

■エジェクションポート■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211212015221j:image

 

 

 

ココは実銃同様ライブです。

 

 

 

チャージングハンドルを引くと・・・

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211212015251j:image

真鍮コンニチワ

 

 

 

ポートカバーが開き、

初弾が装填されます。

 

 

本来はボルトストップもかかるのですが、

マガジンの調子により

掛かったり掛からなかったりと

ちょっと気まぐれ・・・

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211212015240j:image

 

 

 

実際に稼働するのはボルトの形状をしたカバーで

中の真鍮部分はポート内に鎮座したままです。

 

 

 

 

■パッドプレート■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211212015309j:image

 

 

 

このモデルが「ベトナム」である証。

ココに小物入れはありません。

 

 

 

■BVの名残■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211212015253j:image

 

 

 

 

BV式ガスガンならばここに外部入力用の

ホースを出し入れする穴として必要ですが、

このモデルはガスブローバック

ストック内はバッファーチューブのみなので

穴は不要なのですが、これはおなじ金型を用いて

製造するという関係上でしょうね。

 

 

 

■マガジン■

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211212015301j:image

 

 

 

バナナマガジンです。

ガスブローバックタイプはコレのみで

ショートマガジンはありません。

 

 

 

ワタシはショートマグ製作を試みましたが

まだ完成には至っておりません。

 

 

 

YouTubeJAC AR15A2でショートマグを

装着して作動させている動画がありました。

いつも心の中で(いいなぁ・・・)と

思っていましたが、何とその動画のUP主さんが

ワタシの動画チャンネルにコメントくださる

方だと知り、この件について質問したところ

後程考えてみるとの事でした。

電動ガンカスタムの業界では有名な方だったので

そんな方からコメントを頂くなんて驚きました。

 

その人は

・KSC M9のCO2化

・AAF 電動ガン

などで有名な方です。

 

 

 

 

 

 

 

 

■グリップ■

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211212015223j:image

 

 

 

レシーバーが金属でくすんだ風合いなので

 

ABS樹脂製のグリップと思い切り

色が合っていないですね。

 

 

これもBVガスガンとの共用だと思います。

 

 

 

そして例により・・・

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211212015317j:image

 

 

 

モーターは入っていないので

グリップ内は空っぽであります。

 

 

 

 

■フォアードアシスト■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211212015322j:image

 

 

 

 

このM16ベトナムには装着されています。

実際にライブではありませんが、

可動パーツの一つとして動きます。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211212015226j:image

 

 

 

ココから見るとケースディフレクタが無いので

A2に比べるとスッキリした印象がアリマス。

 

 

G&P BONBERのM16A1ならば

フォアードアシストがないレシーバーなので

更にスッキリしています。

・・・手放さなきゃよかった

(T_T;)

 

 

 

 

というわけで

JAC M16ベトナム ガスブローバックでした。