DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

(゚o゚;; 無敵のバスボンドQ まさかの敗北か・・・?

 

ココに並んでいるのは

東京マルイ MEUピストル用の

マガジンである。

 

 

 

しかも2本も・・・

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220507205158j:image

 

 

 

 

2022年4月16日、U-BOXサバゲーにおいて

注入バルブ付近からのガス漏れが確認された

 

 

確かに当日は寒かったので

ガスブロが動かないというのも

仕方ない状況だったのだが、

それよりも問題だった事がある。

 

 

セーフティでガスを充填したのに

フィールドインして銃を抜き、

ゲーム開始⇒開幕ダッシュ⇒索敵

 

 

そして・・・接敵!

 

 

 

クイックピークでトリガーを引くと

 

 

 

 

カチッ☆

 

 

 

 

ハンマーがむなしく落ちるだけ

スライド動かず弾も出ず。

 

 

 

慌てて射線を切って身を隠し、

しゃがんでマガジン交換をする。

 

 

 

もう一度立ち上がり、

カッティングパイでジリジリと

角の向こうの敵を探る・・・いるッ!

 

 

 

もう一度クイックピークで

トリガーを引くと

 

 

 

 

カチッ☆

 

 

 

 

 

 

その回は銃が使い物にならず、

同じく持ちこんだKSC M11も

 

 

 

武州・・・

 

 

 

もとい

 

 

ブシューッ

 

 

 

 

セーフティに戻り、

もう一度MEUマガジンにガスを入れた

その時

 

 

 

・・・しゅ~・・・

 

 

二本とも!

 

 

 

 

 

マジか・・・

 

 

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220507205202j:image

 

 

 

これまで読者の皆さんであれば

「またガス漏れ修理か?」と

お気づきになると思うのですが、

なんとこのMEUマガジンx2本は

注入バルブからのガス漏れを確認したので

前日にバスボンドQで修理したばかりなのに、

 

 

 

 

\直らなかたーッッ/

(; ・`д・´)

 

 

 

 

 

 

 

ココまでガス漏れに連戦連勝。

もはや無敵と思ったバスボンドQが

まさかの敗北・・・?

 

 

 

 

・・・かもデスが、

マガジン下部からのガス漏れ要因は

何も注入バルブのOリングのみとは限らない。

 

 

・マガジンベースの密着不良

・注入バルブそのものが劣化した

 

 

 

この2つも底部からのガス漏れ症状として

考えられうるものです。

 

 

というわけで今日はマガジンベース

ガス漏れ修理を疑って、

もう一度バスボンドQでトライします。

 

 

 

もしこれでだめならば、

注入バルブそのものを変える必要が

あるという事になりマス。

 

言わば段階を踏んだトラブルシュートで

ございます。

 

 

 

マガジンベース

ガスモーレー

シューリ

ワショーイ

(/・ω・)/

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220507205241j:image

 

 

 

今回はマガジンベースを外します、

 

 

ベースと一口に言っても

・ボトムプレート

・マグバンパー 

といったパーツ類で構成されますが、

このMEUピストルのマガジンは

バンパーとプレートが一体なので

いきなり本丸の六角ナットを緩め、

ベースを取り外します。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220507205229j:image

 

 

 

外れました。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220507205226j:image

 

 

 

1本は中が白化しており、

もう1本はキレイでシタ。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220507205222j:image

 

 

 

実績と信頼のバスボンドQ

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220507205212j:image

 

 

 

豪快に綿棒ですくい上げて

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220507205236j:image

 

 

 

塗ったくります。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220507205233j:image

 

 

 

マガジンベース部に塗布

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220507205215j:image

 

 

ケースに挿しこむと、

余ったバスボンドQがはみ出しますので、

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220507205205j:image

 

 

 

ペーパーウエスでキレイにふき取り、

清掃します。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220507205218j:image

 

 

 

よし・・・ここも密着完了。

 

 

 

 

 

あとはまた1日放置して

ガス漏れが起きるかどうか・・・

 

 

 

もし同じように注入バルブから

もれるようでしたらば、それはもう

バルブの寿命という事になりマス。

 

 

 

 

トラブルシューティングの夜は

更けていく・・・