DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

コクサイ M629セブンショットで気になった事

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20221008213637j:image

 

初速計測の終わったM629セブンショットを置き

ふと気になっていた事を思い出した。

 

 

 

 

気になった事というのは

放出バルブについてです。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20221008213640j:image

 

 

 

この放出バルブの上半分というか最上部

 

よく見てみると

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20221008213644j:image

 

 

 

窪みがある。

コレなんだかOリングが入っていたような

そんな気がしてたのです。

 

という事でホームセンターにいき

Oリングを探してみたのですが、

こんなに細くて小さいOリングは陳列にない

(;´・ω・)

 

 

さてどーすっかな???

 

とホームセンターで考え込んでいたら、

 

 

 

(この方法なら気密を保てるカモ…)

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20221008213647j:image

 

 

 

ガス漏れ修理の強〜い味方

我らのバスボンドQ

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20221008213650j:image

 

 

まずはバルブをペーパーの上に置きます。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20221008213654j:image

 

 

 

綿棒にバスバンドQを塗ったくりマス。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20221008213657j:image

 

 

コレをバルブの窪み付近に塗り塗り。

 

 

綿飴を作る要領でクルクル回しながら

バスボンドQを塗りこんでいく。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20221008213700j:image

 

 

 

まずは荒っぽく塗り付けました。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20221008213703j:image

 

 

バルブを脱着し、既存のバルブと

バスボンドQを塗った気密バルブを

入れ替えします。

 

バルブ入れ替えのみでしたらば

サイドプレートの脱着は不要です。

グリップのみの脱着で入れ替え可能デス。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20221008213707j:image

左:既存  右:気密バルブ


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20221008213710j:image

 

少し固まりかけたところで

整形しながら更に回していく。

 

こんなもんかな。

 

 

後はバルブを元の位置に戻しますが、

ガスルートやタンクの内壁にバスボンドQを

誤って付着させないように、

タンク内にシリコンスプレーを離型剤として

吹き付けておきます。

 

 

バルブを戻して・・・と

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20221008213714j:image

 

 

コレで完了、あとはグリップを戻して

1日放置し、初速がどうなるやら

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20221008213718j:image

 

 

明日、再度初速計測を行ってみます。

上手くいくと良いんだけどなぁ

 

(;´・ω・)