DT10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

※ 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

( ■∀■)ユージのM10にゲボスケを・・・組むッ!後篇

 

 

 

 

 

(/■ω■)/

 

 

 

 

(/■ω■)/

 

 

 

 

 

(/■ω■)/

 

 

 

 

 

(/■ω■)/

 

 

 

 

 

(/■ω■)/

 

 

 

 

 

(/■ω■)/

 

 

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20231103010715j:image

 

 

 

 

ハコにあるパッキンの数だけ

弄繰り回されたペガサスがある・・・

(/ω\)きゃー!

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20231103010704j:image

 

 

 

 

さて・・・ゲボスケを組みますよ。

 

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20231103010710j:image

 

 

 

開封すると中から12個のリングが

このように出てまいります。

 

 

実はこのリングは2種類ありまして

 

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20231103010806j:image

 

 

 

 

 

6個ずつ1対になっているのでアリマス。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20231103010849j:image

 

 

 

 

こうして光にかざすと

形・高さが異なるのが見て取れますね。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20231103010922j:image

 

 

 

説明書にもありますが

・Yリング

・プラリング

の2種類で構成されているようです。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20231103010811j:image

 

 

 

こちら薄いほうがYリング。

ゴムでできていて柔らかい。

こちらがシリンダー前面に来ます。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20231103010926j:image

 

 

 

続いて少し厚めのほうがプラリング。

こちらは射手側に配置され、

テーパーになっているほうが

後方に向くように組付けます。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20231103010909j:image

 

 

 

まず1か所セットしてみまシタ。

この作業を6か所すべての穴に行います。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20231103010731j:image

 

 

 

 

 

 

組み終わりました・・・が、

ここで1点ご注意いただきたいです。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20231103010755j:image

 

 

 

 

このパッキンを組む作業中及び作業後は、

シリンダーを上向きにしないほうが

よろしいかと存じます。

 

組付けたゲボスケが落ちてしまう

可能性があるから・・・デス。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20231103010916j:image

 

 

 

ガスタンクを戻すまでは

ゲボスケが外れないように

シリンダーを下に向けて、

タンクを戻します。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20231103010743j:image

 

 

 

 

 

タンクを戻した後は中央にある

ロッキングスプリングを戻します。

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20231103010818j:image

 

 

 

スプリングはこの位置に戻します。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20231103010800j:image

 

 

 

 

続いてロッキングプランジャー。

コイツもタンクの中央に戻します。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20231103010859j:image

 

 

 

戻りました。

ペガサスリボルバーは非常にリアルで

実銃の構造に近いといわれておりますが

この部分だけは全くと言っていいほど別物です。

 

 

これはタナカさんの技術とアイデア

光っているのが見えます。

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20231103010738j:image

 

 

 

この2つを組み終えたら

最後にラチェットを戻します。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20231103010653j:image

 

 

 

 

最初に3か所のネジを外しましたので

そこに合わせてラチェットを載せます。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20231103010726j:image

 

 

 

 

 

位置が合ってないな・・・

クルクルと・・・

 

 

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20231103010830j:image

 

 

 

 

キタッ!

ココだッ!

 

 

 

ネジ穴とぴったり合いましたね。

これでネジがもとに戻せます。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20231103010854j:image

 

 

 

このネジはとにかく小さいので、

強引な回し方は絶対ダメです。

丁寧に、ゆっくりと回さなければ

なりませんのデス。

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20231103010905j:image

 

 

 

 

そしてこれ・・・

ペガサスの分解に慣れている者でも

たまにやらかしてしまうんです。

 

 

 

最後にヨークとエジェクターロッドを

取付けるとき・・・デス。

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20231103010835j:image

 

 

 

 

シリンダー内のガス放出口が

時計でいう12時の位置に来ていますね。

そうです。ここが正解なのですが、

ごくまれにこれを確認しないと・・・

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20231103010659j:image

 

 

 

 

放出口の位置を全く確認せず

テキトーに組んだ結果、

180°違う位置に来てしまいます。

 

そうなると弾が射出できなくなります。

 

 

ですので・・・

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20231103010721j:image

 

 

 

 

もう一度おさらい、

放出口はココの位置でヨーク取付けです

ココ、テストに出ます。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20231103010845j:image

 

 

 

そして最後にエジェクターロッドで

ヨークとシリンダーをしっかり締めて

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20231103010824j:image

 

 

 

シリンダー組立完了

   &

ゲボスケ取付完了 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20231103010749j:image

 

 

 

シリンダーを再度銃本体に組付けて

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20231103010839j:image

 

 

 

 

 

一番最初に外したサイドプレートの

ネジを締め込んで・・・終了。

 

 

 

 

 

 

 

 

これで本当に・・・終わった。

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20231103010930j:image

 

 

 

本来はカスタム予定としては

当面先にするつもりでおりましたが、

コクサイ・タナカのM10でのサバゲー

心もとないということから、

勢いで作り始めてしまった

サバゲー用ユージのS&W M10

 

 

こういう経緯があって完成に至り、

イベント2日前になってようやく

こちらの動画でお披露目となりまシタ。

 

 

 


www.youtube.com

 

 

0.2gのBB弾がまっすぐ飛んでいき

フライヤーは発生しなくなりました。

若干HOPが安定しませんが、

そのうち慣らしが終われば、

落ち着いてくるはずです。

 

 

 

それにしても・・・

リボルバーの祭典に掛ける思いで

思い切りカスタムをしてしまった。

 

 

今年も残すところあと1ヶ月だが・・・

2023年もアツい年になってしまったな。

(^▽^;)