DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

部屋の片隅に・・・名銃の系譜あり⑫ ~何があったのグランデ・・・~

マルコシ 

UX-superXグランデ

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210228204542j:image

 

今回の記事を起こす発端になったと

前出記事に書きましたが、

理由はココなんです。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210228204625j:image

 

ケースレスマガジン??

 

いえ、この中が問題だったんです。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210228204537j:image

 

このケースレスマガジンの中には

「ケースレスマガジン用カートリッジ」

(以下:ケースレスチャンバー)

と呼ばれるパーツが収められている

 

ハズ

 

     なのです。

 

 

通常はカートリッジ式で、

弾頭部がチャンバーの役割を果たしますが

ケースレスマガジンで横から給弾された弾は

ケースレスチャンバーに保持されます。

 

 

ところがこのグランデには・・・


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210228204614j:image

 

何も入ってない!

Σ(・ω・ノ)ノ!

 

 

本来であれば・・・こんな感じ

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210228204603j:image

 

奥側・・・superXグランデ

手前・・・super9PRO   

 

このグランデは中古で入手したのですが

どうやらケースレスチャンバーが

欠品していたようです。

 

というわけで、

まずはカートリッジに弾を込めて

初速計測を行ったのですが・・・

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210228204618j:image

 

これは前出の記事で見つけた

superX用のカートリッジです。

 

 

 

 

 

で、計測したところ、

何と数値は・・・

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210228204550j:image

 

37.21mps

(;´・ω・)

 

 

んなあほな?

 

 

もう一回・・・

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210228204622j:image

 

 

41.51mps・・・

 

 

 

 

 

 

 

10禁かっ!

(*`Д´)っ))

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初速計測に当り

雲行きが怪しくなってきた

(;´・ω・)

 

 

 

で、先日某ガンショップで購入した

ケースレスチャンバー

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210228204555j:image

 

こいつを使って初速がしっかり出れば

特に問題なし。

 

ケースレスにしても初速が低い場合は

何か別の不具合があるのでしょう

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210228204559j:image

 

このパーツの装着方法ですが、

いたって簡単。工具すら不要です。

 

 

 

 

まずはボルトを引いて

エジェクションポートを開放します。

 

 

そして給弾口の方向を合わせて

差し込む・・・これだけです。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210228204629j:image

 

 

まだ途中までしか

入ってないところ

   ↓


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210228204633j:image

 

一番奥まで差し込んだところ

    ↓


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210228204546j:image

 

ボルトを前進させ

ポートを閉鎖して・・・


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210228204607j:image

 

装着完了

(;´・ω・)

 

 

簡単だな

 

 

 

では、初速計測を行います。

 

 

弾は0.2gバイオ弾です。

 

どぞ( ・ω・)ノ””

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210228204610j:image

 

 

47.49mps・・・

(;´・ω・) ちーん

 

 

なんで初速上がらないの??

 

 

 

 

というわけで、

心に火が付きました。

 

 

今回のシリーズでは、グランデに関する

記事はここまでにします。

 

 

このsuperXグランデは

禁断のあのコーナーで復活させます。