DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

屋外で静粛性を試して見るシリーズ  MMC M16A2 PV式ガスガンの場合

初速計測で高サイクルに胸を躍らせたが

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210626235954j:plain

 

考えてみたら

装弾数25発という現実がそこにはあった

 

(;´・ω・)

 

 

昔、ネットにあったとある方の回想記事で

 

「MMCのM16A2にトイテックのM203を

 搭載しており、どっちがメイン銃だか

 わからなくなった」

 

と目にしたことがある。

 

納得・・・。

 

 

 

と、ネガティブな事言ってられないぜ!

 

おじさんは

「いくつもの経験を経て

 くよくよせずに前を向いて生きる術を

 身に付けて、カッコよく生きる」 です

 

というわけで、次は屋外へ移動し

サイレンサーの効果を検証します。

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210627084116j:image

 

装弾数の少なさは、

予備マガジンでカバー(笑)

 

ん?でも待てよ・・・

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210627084123j:image

 

コレPV式でドライファイヤ出来るから

マガジン要らなくね?

 

というわけで、屋外で検証するに当り、

BV式と異なりドライファイヤが出来るので 

さっそく試してまいりまシタ。

 

 

 

https://youtu.be/Pbs1DpxtK50

 

 


www.youtube.com

 

 

この銃の作動方式である

セミ

バースト

フル

3パターンでそれぞれ撮影し

検証してみましたが、

特にセミオートは作動音も小さく

優れた静粛性を発揮することが出来ます。

 

バーストとフルについては、

PVユニットの作動音が響くため

BVユニットに静粛性では譲るものの

中々の減音効果がありました。

 

若干パワー不足が否めないですが、

もし精密バレル+HOPUPを搭載して

グリーンガスでドライブさせたら

ホースレスで軽量で、

 

なおかつ電動よりグッと静かになる。

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

ちょっとイケナイことを思いついた

2012年のワタクシ・・・

 

 

 

 

なおこれを実行に移すのは・・・

更にここから4年後の2016年

 

 

 

 

トイガンライフ第6章にて

その全貌が明らかになる・・・