DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

出鼻を挫かれた第7章 何があったの??

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220319153117j:image

 

 

 

第7章で暗い影を落とした・・・

一体どういう事なのか?

 

 

 

 

 

 

このパイソンは元々ジャンク品として

汚れた状態でフィニッシュも劣化してた。

でも撃てるので、問題なし・・・という事で

あるカスタムを施そうとして失敗し、

結果・・・現在に至る。

 

 

それは・・・

 

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220319153046j:image

 

 

 

シリンダーをカスタムしようとして

失敗したのでアリマス。

 

 

 

薬室を一つ一つ見てみますと

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220319153127j:image
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220319153049j:image
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220319153106j:image
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220319153114j:image

 

 

 

 

ねぇ・・・ひどいもんでしょう。

(;´・ω・)

 

 

 

 

 

 

てか何でこんなことをしようとしたの??

理由はコレなんですわ・・・

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220319153109j:image

 

 

 

 

これはコクサイの純正カートリッジ。

古くからのトイガンファンであればご存じの通り

トイガン業界では自主規制として

インサート入りのシリンダーを採用して

安全対策としていた時期がありまシタ。

 

 

これはもちろん法律を守って

安全に楽しく遊ぶためなので、

我々ファンも受け入れていたのでありますが、

コクサイのガスリボルバーで困ったのが

このゴムの先端・・・なんです。

 

 

 

スピードリロードが出来ず

慌ててリロードした際に、

このゴムパッキンがめくれてしまい

パッキンを痛めてしまったり、

最悪BB弾が保持できなくなってしまう

そういった支障が出てしまうのでアリマス。

 

 

そこで、ワタシはこのパイソンに

このカートリッジを使う計画を立てた。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220319153103j:image

 

 

 

これも古くからなじみのファンであれば

すぐにお分かりと存じます。

同じコクサイでも「前期型」と呼ばれる

フルサイズ用のカートリッジです。

これだとコクサイのスピードローダーも

実銃用HKSローダーも使用できるので、

よりパイソンを楽しめると思ったのデス。

 

 

 

アニメ

シティーハンター3の最終回、

主人公の冴羽獠が単身で敵陣である

ギネスコーポレーションのアジトに乗り込み

パイソン1挺で多数の敵を片付けるシーン。

 

 

その一幕にあったわずか数秒のアクション

 

 

 

走り抜けながらスピードローダーで

リロードを行い、さらに走ったまま

クルッと後ろを振り返り後方の敵を仕留め

また前方に振り返ってダッシュ・・・

 

 

 

か・・・

 

 

 

 

かっちょええ・・・

 (; ・`д・´)

厨二病真っ盛り当時のワタシ

 

 

 

いつか大人になったら

絶対にリボルバーを買って

スピードローダーで

カッコよくリロードを決めるぜ!

 

 

そんな夢を現実のものにすべく

ワタシはこのゴムパッキンむき出しの

カートリッジから前期型カートリッジを

使用できるようにインサートの除去を

試みたのですが・・・その結果が

あのガタガタな仕上がり・・・

 

 

 

 

リューターで前方からインサートを切削し

取り除こうとして、ああなっちゃいました。

 

 

 

なおこの状態で薬室がガタガタだと

一体どうなるのか・・・?

 

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220319153111j:image

 

 

 

この部分。

フォーシングコーンと呼ばれるパーツで

エア又はガスリボルバーにおいては

気密を保つ重要なパーツなのデスが、

もう1点・・・トリガーフィーリングや

シリンダーの回転に大きく関係しているデス。

 

 

 

 

ワタシが削ってガタガタになったシリンダーは

スムーズに回転できなくなり、引っかかったり

最悪トリガーが引けなくなったりする

トラブルに見舞われるようになりました。

 

 

そしてもう1点・・・

前期型カートにも問題がありでして・・・

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220319153043j:image

 

 

 

 

これ・・・装填したところ・・・

ちょっと弾頭部分が見えますよね?

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220319153054j:image

 

 

 

そうです。

こういうこってす。

(;´・ω・)

 

 

 

前期型カートリッジは

パイソン用のカートリッジより長くて

シリンダーから弾頭がはみ出てしまい

結局撃てなかったんです。

 

 

 

シリンダーの切削に失敗・・・

しかももし切削に成功していても

前期型カートリッジは使用できず。

 

 

ネットでコクサイパイソンをカスタムした

方々のレビューと見ると、弾頭部を自作し

フルサイズカート風にしている・・・

そこに気づかなかった・・・

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220319153100j:image

 

 

 

長さを比べてみると・・・ホラ

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220319153051j:image

 

 

 

 

これって38スペシャルと357マグナム

みたいな相関図っぽくないですか?

確かケースの長い357マグナムは

誤って装填されても発砲できないよう

このパイソンと同じ症状が出るようです。

 

 

そして・・・最後にワタシの心を

へし折ったのは・・・バレル・・・

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220319153124j:image

 

 

HOPパッキン・・・よく見てクダサイ。

 

 

 

 

 

 

 

明後日の方向を向いているでしょう

(;・∀・)

 

 

コクサイのガスリボルバー

フォーシングコーンによる前後運動があり

バレルが左右に回転しないように

回転止めの溝が切られていて、

その溝にピンがハマっているのですが

これがずれているという事は

ピンが抜けているってことです。

 

 

試しに・・・

撃ってみましょうか?

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220319153120j:image

 

 

 

・HOPの位置がダメ

・シリンダーの薬室がガタガタ

・気密も取れなくなった

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220319153135j:image

 

 

 

カートを装填するとスカスカなのが

如実に現れますな

(;´・ω・)

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220319153132j:image

 

 

 

 

そしてワタシの中途半端なカスタムの

慣れの果ては・・・

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220319153057j:image

 

 

 

9.55mps

(;´・ω・)ちーん

 

 

 

 

 

ごめん・・・パイソン・・・

 

 

 

 

実はこの銃、

なぜ廃棄せずに所持しているのかというと

過去の戒めとしてなのデス。

 

 

 

ワタシの安易な発想で銃をダメにしてしまった。

今後、こうした悲しい事象を

引き起こさないために・・・です。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220319153129j:image

 

 

 

少々暗い影を落としてしまった

コクサイ コルトパイソン

 

 

 

そして光物ブームは

さらにディープな方向に進んでいく。

 

 

 

 

次の銃は・・・なんだ?

(;´・ω・)