DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

第7章のタイトルにある「合併症」とは?

トイガンライフ第7章において

一番アカンかったのは何だったか?

 

 

 

 

それは合併症。

 

 

 

 

ココまでパイソン3連発の

光物ブーム。

(;´・ω・)

 

 

 

 

 

 

次にワタシが入手したのは

コレでシタ。

 

 

 

 

 

どん

 

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220605012435j:image

 

 

 

コクサイ スマイソン

 

 

 

です。

 

 

 

 

ま~たアンダーラグ付きリボルバー

そしてパイソンバレル・・・

 

 

 

アンダーラグが好きすぎる

     +

光物ブーム

ええ・・・合併症です。

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで、

コクサイのスマイソン

レビューしてまいりましょう。

 

 

 

 

 

コクサーイ

スマイソーン

ワショーイ

(/・ω・)/

 

 

 

 

 

■外観■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220605012523j:image

 

 

 

うわわっ

あぶねっ!

 

 

 

また光物ブームに引き込まれちゃう。

同じ画角で冷静にもう一枚・・・

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220605012454j:image

 

 

 

素晴らしい外観なのですが、

なんとこれ・・・モデルガンじゃありません。

 

 

 

 

ガスリボルバーです。

(   ˘ω˘ )どやぁ

 

 

 

 

 

リボルバーのコクサイ」

異名を取っただけのことはありマス。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220605012432j:image

 

 

 

刻印のデフォルメはありますが

細部にわたって素晴らしい仕上げ。

 

 

ホントにガスガンかって??

 

 

 

 

証拠ありまっせ

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220605012412j:image

 

 

 

 

ガス注入バルブが見えますね。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220605012451j:image

 

 

 

そして貫通シリンダー。

更にBB弾用カートリッジが鎮座。

 

 

 

 

 

 

 

■フロントサイト■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220605012443j:image

 

 

 

 

レッドインサートが入っています。

視認性が高くて狙いやすいです。

 

 

 

 

 

 

■リアサイト■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220605012515j:image

 

 

 

この銃はスマイソンなので

フロントとリアでサイトが異なり、

F・・・コルトパイソン

R・・・S&W Kフレーム

となっています。

 

M15/M19でもおなじみの

フルアジャスタブルサイトが搭載され

即応性重視というよりも精密な射撃に

主眼を置いていることがわかりマス。

 

 

 

■バレル■

 

 

 

 

スマイソン・・・という名は

市郎さんの名付けた名前で、

現地ではスモルトというのが一般的と

近年のタナカワークスによる

スモルトリボルバー発売により

広く認知されましたね。

 

 

しかしワタシはやっぱり

スマイソン・・・て読んだ方が

しっくりくるし、かっこいい気がする。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220605012407j:image

 

 

コクサイは元々パイソンも

S&WのKフレームもガスリボルバーとして

販売ラインナップがあったので

部品をくっつけるということは

造作もナイ話・・・とは思うのですが、

この接続部、バレル基部の仕上げは

すごくいいですよね。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220605012507j:image

 

 

 

フレームとバレルのつなぎ目を

アサイト上から見たところ。

取り付けに際してズレもムラもない。

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220605012427j:image

 

 

 

 

サイドから見てもその仕上げは素晴らしく

この銃のフレームとバレルが別メーカーの

組み合わせとは思えないような品質デス。

 

 

■刻印■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220605012318j:image

 

 

 

パイソンのバレルなので

ココは特にカスタマイズされた様子はない。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220605012348j:image

 

 

 

フレーム下部にあるのは

恐らく製造番号・ロットだと思われます。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220605012323j:image

 

 

 

バレル右側には実銃同様の刻印が

刻まれているようです。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220605012342j:image

 

 

 

 

フレームの右側には

MADE   BY   KOKUSAI

恐らくここはパテントの関係と

思います。

 

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220605012439j:image

 

 

 

そしてサイドプレートにも

S&Wのロゴではなくコクサイのロゴ。

 

 

 

■パーティングライン■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220605012520j:image

 

 

 

薄っすらと残ってはいるものの

パーティングラインは可能な限り

処理されているようです。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220605012422j:image

 

 

 

トリガーガード内側にも

処理されている様子がうかがえます。

 

 

■トリガー■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220605012332j:image

 

 

 

コンバットマグナムにあったような

ワイドトリガーではなく、

若干細身なトリガー。

 

 

これはスマイソンの実銃がそうだから?

余り実銃には詳しくないので不明ですが、

ココまでこだわりのあるメーカーさんだし

何か理由があっての事かと思います。

 

 

■マズル回り■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220605012458j:image

 

 

若干キズが入ってしまっていますが

ライフリングもしっかりと再現され

銃の雰囲気を損なうことなく、

ガスリボルバーとしての機能を

有しています。

 

 

 

 

■ハンマー■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220605012448j:image

 

 

 

やはりM19のようなワイドではなく

ココもスリムなモノが使用されている。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220605012511j:image

 

 

 

 

ハンマーをおこすとファイヤリングピン。

 

 

 

 

と、ここまでは素晴らしい仕上げ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220605012353j:image

 

 

 

 

でも1か所だけ実銃のアクションにそぐわぬ

コクサイらしからぬ部分・・・というか

弾が出るガスリボルバーとして

仕方ない側面もあるのデス。

 

 

 

 

 

 

■セイフティ■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220605012313j:image

 

 

 

 

昔のコクサイガスリボルバーには

スイングアウトするたびに

自動でマニュアルセイフティが掛かり

シリンダーを装填した後、

エキストラクターロッドシュラウドの

右側面についたボタンを押して

いちいちセイフティを解除しないと

発砲できない鬱陶しい機構がありまシタ。

 

 

 

それは廃止となったので

我々ユーザー側としては歓迎したいです

しかし弾が出るガスリボルバーなので

メーカーとしてはどこかにそれを

搭載しなければならない・・・そこで

 

 

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220605012417j:image

 

 

 

 

サムピース(笑)

これ、壊れてるんじゃないですよ!

(;´・ω・)

 

 

サムピースを前進させて

上方にグッと押し込むとロックが掛かる。

これがマニュアルセイフティなんです。

 

 

 

機械的にハンマーをロックするため

トリガーも引けなくなりマス

 

 

別パーツで雰囲気を損なうより

こうしたアイデアでセイフティを搭載

コクサイ・・・流石です。

 

 

 

 

■スナイピングシステム■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220605012502j:image

 

 

 

純正でHOP機構が搭載されたとき、

各社とも様々な名称で

その機構を搭載していると謳っていましたが

 

・マルイ

HOPUPシステム

・マルゼン

特に固有の呼び方はないが

パッケージにはHOPUPと記載アリ

・マルシン

平成初期~中期には

スーパーソニックバレル」

平成後期になると

「LD-2」という機構の

偏心バレル+つまづきHOP

 

色々とカッコイイ呼び名が

付けられていたのですが、

コクサイのHOP機構、その名は

 

 

スナイピングシステム

 

 

 

ちなみにこのHOPシステムは

画像を見る限りさほどHOPゴムは

突き出していないのですが

どうしたわけだか超鬼HOP・・・

 

 

 

 

0.3gの弾でないとまっすぐ飛ばない。

 

 

 

おまけに前出記事のパイソンで

ローパワーであることがわかってます

 

 

 

 

(;´・ω・)

 

 

 

■ガス放出口■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220605012358j:image

 

 

 

 

前出記事、そしてつい先ほども

コクサイのローパワーについて述べましたが

メーカーとしてもパワーロスを減らし

何とかファンに楽しんでもらおうと

努力をしていた形跡がコレ・・・。

 

 

 

真鍮の放出口、このパーツには

スプリングのテンションが掛かっており

カートのプライマー部分に密着し

パワーをロスなく伝えようとしています。

 

 

 

■グリップ■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220605012327j:image

 

 

 

S&Wのフレームは

スナブノーズ・・・ラウンドバット

ロングバレル・・・スクエアバット

という別れ方をしていました

(2022年現在はラウンドバットのみ)

 

 

 

このスマイソンはスクエアです。

 

 

 

ちなみにタナカワークスのスマイソン

及びスモルトリボルバーは全て

ラウンドバットデス。

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220605012307j:image

 

 

 

造詣が素晴らしいコクサイ スマイソン

 

 

 

実はですね

 

 

 

数あるスマイソン・スモルトリボルバー

このコクサイ製が何よりも素晴らしい部分を

持っているのデス。

 

 

 

通常だとレビューを終えて

すぐに発砲動画になるのですが、

次の記事ではコクサイスマイソンの

何が素晴らしいのか、

そのパーツについてクローズアップします

 

 

 

スマイソンの記事は続くよー

(*・ω・)ノ