DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

マルイのガスリボルバーは凄かった・・・何が凄いか?

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220514174114j:image

 

 

 

 

 

このコルトパイソンですが、

昨日の記事をご覧いただいた時点で

既にお気づきの方も多いと存じますが

リアルカートカスタムになっています。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220514174107j:image

 

 

 

 

このように24発⇒6発へと変更してます。

 

 

ちなみに・・・

 

 

 

マルイの24連射ガスリボルバー

■コルトパイソン

■S&W M19   この2挺

 

 

こんなキャッチコピーを

目にしたことはありませんか??

それは

「オートに対抗できる命中精度」

  というフレーズです。

 

 

この機構は非常に複雑なので

図解等は致しませんが、

分かりやすく言うと

セミオート拳銃というものは

マガジンから送られたBB弾が

バレル基部に設けられたパッキンで

保持され、ガス圧を受け前進・発射。

 

対してリボルバーというものは

6発の薬室全てにパッキンがあり

その個体差により命中精度が異なる。

そのためオートより精度が落ちる。

 

 

 

 

という今までの常識です。

 

しかしマルイパイソンは独自機構により

ハンマーコックと同時にガス放出口が前進して

シリンダー内のBB弾を1発バレル基部に送弾し、

Vパッキンと呼ばれるHOPパッキンで

左右バランスよくスピンドライブを掛けて

弾を発射します。

 

 

・・・なのデスが、

この素晴らしい機構は純正である

24連射システムに組み込まれているため、

リアルカート化すると無くなって

しまいます。

(;´・ω・)

 

 

 

しかし

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220514174129j:image

 

 

 

ワタシのパイソンは、

この純正の素晴らしい機構をそのまま

リアルカートに搭載している

キャロムショットのアキュラシーカートを

使用しているため、純正と同じ命中精度を

しっかりと維持しているのでアリマス。

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220514174110j:image

⇈ キャロムショット

  C-tecカートリッジ ⇊
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220514174142j:image

 

 

 

キャロムショットのアキュラシーカートは

6発入りで¥5,900(税込)

対するC-tecのカートリッジは

6発入りで¥3,600(税別)

 

 

おなじ357のカートでも定価ベースで

¥2,000以上の差がある・・・

 

 

 

 

その差っていうのは、

次の記事の動画で解説してます。

ご覧ください。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220514174104j:image

 

 

 

 

これ・・・ワタシが使っている

キャロムショットのアキュラシーカート。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220514174125j:image

 

 

 

C-tecのカートと大きく異なるのは

弾頭部の動き・・・デス。

動きの違いは後ほど動画でも

解説しておりますのでご覧ください。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220514174122j:image

 

 

 

マルイパイソンはハンマーをコックすると

このようにガス放出口が前進し、

放出口とカートリッジを密着させ

気密を保つと同時に、純正24連射機構は

保持しているBB弾を1発バレル基部に送弾し

発射待機させ、ハンマーが落ちると同時に

ガス放出⇒発射というプロセスを取りマス。

 

 

 

キャロムはカートリッジにその機構を

そのまま搭載しているので

ノーマルの高い命中精度を維持したまま

リアルカート化することが可能です。

対してC-tecはこの機構を持っておらず、

単純にガス圧のみでBB弾を発射するのみ。

そのためパーツ構成が単純で、

カートリッジの価格もお求めやすいと

いう訳です。

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220514174132j:image

 

 

 

ちなみによくやるミス。

放出口の突き出し量が大きく、

シリンダーの薬室内まで到達するので

この状態に陥るとシリンダーが固まり

トリガーが弾けなくなってしまいます。

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220514174101j:image

 

 

 

 

元に戻すには前方よりロッドを突っ込み

この放出口をもとの位置に押し戻します。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220514174135j:image

 

 

 

これで元通り。

要するにカートリッジを装填しないで

ドライファイヤすることが不可であり、

強引にやってしまうと銃が壊れます。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220514174117j:image

 

 

 

さて・・・

そろそろ初速計測の準備をするわけですが、

今回は・・・

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220514174138j:image

 

 

 

キャロムとC-tec 両方準備しました。

この2社の機構の違いをご覧いただきます。

 

 

というわけで

次は

動画だよー

(/・ω・)/