DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

いきなりですが試作しました

2022年9月某日

 

 

 

 

いきなりですが

こんなものを試作いたしまシタ。

 

 

 

 

こちらをご覧ください。

 

 

 

 

どん

 

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220905014626j:image

 

 

 

スピードローダーに

カートリッジが挿してある状態?

(・∀・?)

 

 

これのどこが作りましたなの?

 

 

 

 

 

ズームしますと・・・

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220905014603j:image

 

 

よく見るとリボルバー用のカートではなく

先端に何やらテープ止めのゴムパッキン。

そしてカートリッジと思いきや

単なる真鍮のパイプ・・・。

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220905014600j:image

 

 

 

このパッキン・・・見覚えある方、

いらっしゃいますか?

 

 

 

 

実はこれ

ペガサス初期型の純正チャンバーパッキンで

ウチに大量に余っているものでアリマス。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220905014613j:image

 

 

 

 

なんでこんなヘンテコなものを

試作したのか?

そしてこれは一体何なのか?

 

 

 

 

 

 

正解はこれです。

 

 

 

どん

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220905014547j:image

 

 

タナカワークス

コルトパイソンPPCカスタム

「ハトのコルトパイソン」

 

 

そうです、

試作したといったのは

ペガサスリボルバー専用の

スピードローダーだったのデス。

 

 

 

いつもワタシはペガサスでサバゲーする際、

マルイの24連射用ローダーを使うのですが

どうもリアリティに欠けるのと、

若干リロードに時間が掛かります。

 

押し込み式で4発までしか装填できず、

6発装填するにはチョッと手間がかかる。

 

 

そこで以前から考案していた

DT流ペガサス用スピードローダーを

試作することにしたのデス。

 

 

 

仕組みと使い方は次の通りです。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220905014553j:image

 

 

 

まずはパッキン部分をつまんで

上方に引っ張り上げます。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220905014623j:image

 

 

 

BBローダーで弾を込めます。

1本のパイプに4発装填できます。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220905014629j:image

 

 

 

装填し終わると、パイプがニョキっと出ます。

他の5本にも同じように装填します。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220905014616j:image

 

 

 

全部装填し終わったところ。

パイプの全長が長くなっているのが

お分かり頂けると思います。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220905014619j:image

 

 

 

この状態でシリンダー前方から押し当てて

グイっと押し込むことで6発同時装填し、

素早いリロードが可能になると思いました。

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220905014557j:image

 

 

 

コルトパイソンをスイングアウトした処。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220905014610j:image

 

 

よく見るとエジェクターロッドが

テキトーなビスに変わってる(笑)。

 

 

シリンダー前方から装填という事は

ロッドがどうしても邪魔になってしまい

装填の支障となってしまいます。

 

幸いパイソンは後方のボルトで

ガッチリロックされますので、

ココはオミットしてもイイかなと思い

大胆にやってしまいました

(;・∀・)

 

 

 

 

 

 

で、試作品の結果デスが・・・

 

 

 

 

 

 

明日の記事でご覧ください

(笑)