DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

コクサイ?  うん、コクサイ。  コンバットパイソンを見つけた

タカ・カスタム探しの旅の途中で

格安で投げ売りされていたものでした。

 

 

どん

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200726182609j:image

 

コクサイ コンバットパイソン 

ガスリボルバー 初期型HOPなし

 

元々はラバーグリップが

標準装備ですが、別のパイソンに

移植してしまったため、この銃は

木グリ風のプラグリを装着しています。

 

以前にもコクサイのパイソンを記事にしたことが

ありますが、これはそのパイソンの初期型となります。

 

deltaelite-10mmauto.hatenablog.com

 

この銃は3インチモデルです。

刻印も4インチとは異なります。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200726182614j:image

 

初期型ですのでHOPUP機構であるは

「スナイピングシステム」は搭載されていません


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200726182623j:image

 

フォーシングコーンも無事・・・

よかった (;´・ω・)

 

 

 

 

同じコクサイのガスリボルバーでも

S&WのM10・M19・M29は、

フルサイズのカート(Kフレーム)や、

空薬莢風のカート(Nフレーム)が

初期型とされていますが、パイソンは

発売当初からシリンダーにはインサートが

施されていて、カートリッジの弾頭部が黒ではなく

カラーのついたものが初期型のようです。

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200726182617j:image

 

元々は緑色の弾頭部だったカートリッジでしたが、

経年劣化でBB弾を保持できなくなり、

引っ越した時に誤って廃棄してしまったカモです。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200726182604j:image

 

またこの黒い弾頭パッキンも、

コクサイのS&Wとコルトで長さが異なり、

コルトは若干短いのです。

 

S&Wのカートリッジを装填すると

シリンダーから弾頭ゴムがはみ出してしまい、

トリガーフィーリングに大きな悪影響をもたらします。

 

◆コルト用・・・40.5㎜ 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200726195052j:image

 

◆S&W用・・・41.5㎜

1㎜長いのです。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200726195048j:image

 

そのため同じコクサイの同じ357マグナムでも

誤ったカートリッジの使用は、こういう事態を引き起こします。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200726195059j:image

 

シリンダーの先をよく見てクダサイ

   ↓↓↓

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200726195055j:image

”””( ゜o゜) あっ!飛び出してる!

 

 この飛び出た部分がフォーシングコーンに当たり

回転の抵抗となります。

そのためトリガーのフィーリングに悪影響をもたらす・・・

ということです。

 

ではこれからガスを入れて弾を込めて

発砲に移ります。初速計測を行います。

 

 

続くのデス ( ˘ω˘ )