DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

部屋の片隅に・・・名銃の系譜あり㉑  ~SS-9000シリーズ あとがき~

連載?を続けた

「部屋の片隅に・・・名銃の系譜あり」

 

 

SS-9000シリーズについての記事を

書き綴り、一旦終了しましたが、

あがきとして、こんなものを・・・

 

 

数日前にゲットしました。

 

 

 

 

どん

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210327115608j:image

 

 

CRAFTMAN-SHIP

TECH-NICA

 

 

・・・の、カタログです。

 

 

 

 

珍しいものをゲットできました。

 

私のトイガン人生にも大きな影響を

与えてくれたテクニカですが、

同店はすでにお店が無くなっており、

当時のことを覚えている人も

少ないのでは?と思い、カタログの内容を

紐解きながら雑談的なあとがきにします。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210327115528j:image

 

 

このカタログは、リーフレットの様に

綴れ織りの形式となっています。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210327115621j:image

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210327115436j:image

 

同社のカスタムガンは

「ステージシリーズ」と銘打たれており、

・ストック形状

・HOPの有無

・スプリングの種類

などで、棲み分けがされていました。

 

私も実店舗に訪問したのは

平成3年頃が最後でしたので、

うろ覚えですが、確か弾も

0.30g ・ 0.36g ・ 0.43g

用途によって選択が必要だったと

記憶しています。

 

 

ラインナップを上から順に

見てみましょう。

 

 

まずはサムホールストックの

№2と№3 というモデル・・・

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210327115448j:image

 

A・B・C は用途の違いだそうで

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210327115554j:image

 

 

画像は全てA?

(;´・ω・) はて?

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210327115542j:image

 

Aは精密射撃用

Bはバトルゲーム用

そうだ、確かこのころは

サバゲーなんて言葉もあまり

浸透してなかった気がする・・・。

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210327115613j:plain

 

んで、一番価格の高い

Cは遠距離射撃&バトルゲーム用

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210327115559j:plain

 

 

これもうろ覚えなのですが、

同社のHOPバレルである「とんだ君」を

当時所有のスーパーXに搭載しましたが、

確かOリングの太さや硬度で

HOPのかかり具合が異なり、

その性格を変える・・・だったような?

 

さすがに30年以上前ですからね・・・

記憶が曖昧でごめんなさい (/ω\)””


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210327115453j:image

 

一見同じような銃にも見えますが、

№2と№3の違いはストックの厚みに

あるようです。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210327115617j:image

 

続いて№4と№5
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210327115444j:image

 

№4はスーパーXの純正ストックそっくり。

№5はスーパー9の純正ストックそっくり。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210327115550j:image

 

ドンドン行きます

つづいて№7 と №11

 

そういえば連番じゃないんだ・・・

欠番があるのはなんでなんだろう?

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210327115515j:plain

 

№7 №11 は思い切り競技用ぽい

スコープよりもマイクロサイトの方が

似合いそうな気もするな・・・。

 

そして最後は

№12 と №13

 

これはスポーターモデルのようですが、

チェッカリングやトリガーガードを

見る限り、ウェザビーを意識したつくりを

していますね。

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210327115510j:image

 

№12 を拡大

うーん・・・美しい・・・

( ・∀・) 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210327115457j:image

 

 

№13は・・・

アレ?これはよく見ると

U10シニアを搭載したストックに

よく似てるな。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210327115501j:image

 

ちなみにこのカタログの銃、

バレルハウジングの形状から、

まだスーパー9プロが出る以前のモノと

推察できます。

 

 

 

続いては同社が当時扱っていた

カスタムパーツ類

 

 

全国のおじさまには

懐かしいものではないでしょうか?



f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210327115604j:image

 

このストレート形状の

ボルトハンドルも懐かしいですね。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210327115537j:image

 

そうそうこれこれ!

スーパー9ならではのパーツ


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210327115519j:image

 

バレルブレ止め

又はジャンプ止めなんて言いましたね。

 

現在はフリーフロートの

AR系SPRなどもありますので、

ここまでがっちり固定するというのは

あまり見かけないですね。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210327115546j:image

 

そして「とんだ君」

ワタシ本当におせわになりました。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210327115505j:image

 

4x32のスコープに

0.36gのBB弾がミサイルの様に

映るあのビューは忘れられません。

 

 

で、実はですね・・・

これもさらにレアなパーツのストック

 

 

 

 

 

どん

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210327115534j:image

 

 

 

テクニカ 

「とんだ君・スーパー9プロ用」

 

 

 

なんと、近所のホビーオフで

投げ売りされていたスーパー9プロを

購入したらついてきました。

 

おまけに

 

 

メタルスーパー9プロ

だったのデス・・・

(;・∀・) まぢかー

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210327115524j:image

 

ココに突起が見えますね。

これがHOPラバーです。

 

いずれこのパーツを用いて

カスタム銃として復活させます。

 

「幾星霜の時を超え・・・

 甦れ!史上の戦士達」

 

JAC AR15A2 DELTA H-BAR

シェリフ ハイランダーマグナム

・コクサイ M16セミオート

 

この3挺に続き、

次に甦るのは・・・

 

・マルコシ スーパー9プロ

 

に決定です。

 

カスタムから実射までをまとめて

記事に起こしますので、お楽しみに。

 

 

DT10㎜AUTO