DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

【おじさんと銃】 歌がうまくて銃が似合う そんなおじさんにワタシもなりたい

ワタシのトイガンライフに多大な影響を齎した

仲村トオルさん主演の東映Vシネマ

 

 

「狙撃〜theSHOOTIST〜」

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220428011553j:image

 

 

以前からブログをご覧の皆さまには

何度かこの作品についての感想や

銃に関する情報を記事にしたことがありますが、

全4作品が制作されており、第1作目から

完結篇までに、主人公が殺し屋になるその

経緯から、その後の運命を辿る物語が

描かれています。

 

 

 

DVDの購入ガイドなどを見ると

「ある作品」を下敷きとした物語で、

そのベース作品とはストーリーも全く異なる

別作品として楽しむ事が出来る

 

 

 

 

 

と、評されていました。

 

 

 

 

 

 

「ある作品」が下敷き??

別作品として楽しむ事が出来る??

 

 

 

 

 

どういう事だ??

 

 

気になって調べていくうちに、

その「ある作品」というのは

この映画であることが分かった。

 

 

 

 

どん

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220428020055j:image

 

 

 

 

 

加山雄三さん主演

「狙撃」(1968)

 

 

 

 

 

この作品が下敷きになっている・・・

という事で、以前からずっと気になっており

DVDを購入いたしまシタ。

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220428020046j:image

 

 

 

 

主演は加山雄三さんですが、

このジャケットの裏を見た瞬間、

ワタシはものすごい違和感を覚えた。

それは加山さんの「目つき」

 

 

 

加山さんと言えば

「永遠の若大将」と言われ

代表作である若大将シリーズ

明るく快活で元気な主人公のイメージや

歌番組では心にしみる素晴らしい歌声

そして優しそうなほほえみ。

 

 

ギターを弾いているときの表情は

ご年齢を全く感じさせない、

 

男の子っていうのは

いくつになっても

夢を追いかけるもんだゼ

 

っていう感じです。

 

 

そんないつもにこやかなイメージの

加山さんですが、この作品の中で

演じられている主人公の松下は

笑わない・寡黙・人間不信といった

テレビでワタシが知っているイメージとは

全く違いました。

 

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220428020043j:image

 

 

 

 

 

そういえば・・・トオルさんもそうだった。

 

 

トオルさんもビーバップハイスクール以後

さわやかでアイドルのような佇まい、

そしてあぶない刑事ではちょっと抜けてる

現代っ子的な役処だったりしていたので

このVシネマの中ではそのイメージが

ガラッと覆されてしまった記憶がアリマス

 

 

 

 

 

これが演技の幅っていうものなんでしょうね。

(^▽^;)

 

 

 

 

 

で、話をDVDに戻しますと・・・

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220428020049j:image

 

 

 

トオルさんのVシネマ版「狙撃」では

第1作目が、加山さんの昭和版を下敷きとして

ストーリーが描かれています。

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220428020052j:image

 

 

 

 

 

中身はオープンに記事に致しませんが

下敷き・・・といっても、ストーリーや

セリフ、展開やオチが同じという訳ではなく、

 

・登場人物の名前

・劇中のちょっとした描写

・アクションの内容

 

平成版の狙撃には昭和版のストーリー内にある

エッセンスが所々に加えられており、

昭和版をご覧になった往年のファンの方が

のちに平成版をご覧になっても、

逆にワタシのように平成版を視聴した後、

この加山さんの昭和版を見ても、

どちらからでも味わい深く楽しめます。

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220428020059j:image

 

 

 

 

劇中の加山さんは、表情を全く変えず

笑顔も見せず、時折狂気すら感じさせる

目つきをすることがアリマス。

 

ワタシはこの加山雄三さんの狙撃で

一番の見どころシーンはやはり後半、

加山さんのガンアクションではないかと

思います。

 

 

 

 

 

ワタシは子どもの頃から加山さんの楽曲が

とても好きで、小学生の頃に親と車で

出かけた際にNHKラジオ深夜便で聞いた

「旅人よ」はすごく耳に残りました。

 

 

 

そしていつしかワタシも楽器を手に取り

人前で歌ったり演奏したりする

バンド活動をするようになり、

周囲の環境のせいで洋楽をコピーした

活動をしながらも、

(いつかあんなおじさんになりたいな)

というお手本のように

加山さんの事を見るようになりました。

 

 

 

次の記事でも

もう少し・・・この作品に関する内容を

書き綴らせていただきます。

 

 

加山雄三さんの

狙撃について

記事は続くよー

ワカダイショー

ワショーイ

(/・ω・)/