DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

珍しく新品レビュー マルゼン レミントンM870GV+1

今回は珍しく、新品レビューです。

 

 

 

マック堺さんのレビューも出ていて

動画の中でポンプアクションをする様子をみて

同じもの欲しいナと思っていたのですが、

久々に店頭で見つけたので、

思わず購入してしまいました。

 

 

 

 

どん!

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210219020920j:image

 

マルゼン M870 GV +1

ライブシェル

ポンプアクション ショットガン

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210219020913j:plain

 

 

私のブログでは、所持しているエアガン・・・

古いモデルのレビューが主で、

あまり新しいモデルの記事は多くないので、

今回の記事はレアです。

 

 

 

開封ゥッ!


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210219020905j:image

 

この梱包の仕方

昭和の梱包と変わってないな

昔のウイングマスター(エアコキ)も

こうやって斜めに入っていて

銃口側に台形の段ボールが入ってたっけ

 

deltaelite-10mmauto.hatenablog.com

 

↑過去記事です。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210219020902j:image

 

入っているのは

銃本体

説明書(と少量のBB弾)

ショットシェル3発

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210219020941j:image

 

今回の銃は「+1」です。

装填できるのは5+1なので、

フル装填して楽しむには予備カートを

追加で購入する必要があります。

 

 

そして銃を箱から取り出し、

置いてみる

 

 

■全景■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210219020929j:image

 

( ・∀・)( ・∀・)イイ!!

平成初期にはフェイクウッドのM870が

売られていましたが、ある時期からは

このブラック又はリアルウッドとなっています

 

 

■フォアグリップ■

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210219020933j:image

 

この黒のフォアグリップは

「ええ、マルゼンですが何か?」という

表面の風合いですね。

同社のAPS2・M1100なども同様です。

 

この風合い・・・好きです。

 

■チューブマガジン■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210219020959j:image

 

今回のモデル名にもあります

「+1」というのは、ココです。

 

フォアグリップの先端・・・チョッと長い。

通常はスリングスイベルの位置で

キャップされているのですが

この+1モデルはエクステンションが付いて

更にあと1発の装填を可能にしています。

 

■グリップ■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210219020925j:image

 

これはM1100とも共通のグリップです。

内部にはデタッチャブルタンクと呼ばれる

脱着式のガスタンクが内蔵されています。

 

脱着だっちゃ!

( ・ω・)ノ””

 

■レシーバー■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210219020857j:image

 

M870のレシーバーには

「Wing master」の刻印があります。

 

似たような形状ですがM1100には

この刻印はありません。

 

■バレル■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210219020937j:image

 

アウターバレル左側面は

12GA FOR 23/4 OR SHURTER SHELLS

とアリマス。

 

次に右側面ですが、ココに大人の事情ありです

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210219020956j:plain

 

「REMINGTO」

 

昭和時代のハコにはロゴが入っていますが、

世知辛い世の中ですからね・・・

ここは割り切りましょう(笑)

 

(;´・ω・) ですねぇ

 

■レシーバー上面■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210219020910j:image

 

基本、M870シリーズには照星・照門がなく

「撃ちたい方に向けて撃つ」という

まさに散弾銃的なエイミングでアリマス。

 

レシーバートップには反射防止の

溝が彫られています。

 

■全景右側面■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210219020944j:image

 

見慣れた銃ですが、やはり+1の効果は大きく

マズルとチューブが同じくらいの長さなので、

そのシルエットから個人的には何となく

モスバーグM500っぽく感じます。

 

■ポート■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210219020952j:image

 

ポートカバーはシルバーで、

フォアグリップを引くとカバーが開きます

 

なおこのM870については、ギミックが独特で

シェルはチャンバーへ装填されるのではなく、

このカバーの裏にとどまっており、

チャンバー+ガスルートの役割を果たします。

 

 

■ストック基部■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210219021008j:image

 

このモデルには付いておりませんが、

マルゼンの歴代ショットガンの中には

フォールディングストック搭載モデルも

いくつかラインナップがありました。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210219020948j:image

 

その取り付け基部がこちらです。

これはグリップの材質が異なっても、

昭和の時代から寸法の変更がなく、

当時のライオットショットガンのストックも

このM870にボルトオンで付いてしまいます。

 

(;´・ω・)まぢです

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210219020917j:image

 

この銃、付属のシェルは赤シェルでした。

ですが今回は青シェルでレビューを続けます。

 

 

続くのデス

(  ˘ω˘ )