DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

【謝罪】作業のキモとなるバレル交換を・・・するッ!

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220613000025j:image

 

 

 

先日の記事で無事にバレルの5インチ化が

終わりまシタ。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220613000107j:image

 

 

 

HOPの位置もしっかり確認・・・ヨシッ

(。-`ω-)

 

 

 

 

 

続いてはアウターバレルを

被せる作業に入りたいのですが

その前にやることがアリマス。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220613000049j:image

 

 

リターンスプリングの受けも兼ねる

バレルジャケット・・・

このままの長さで使用すると当然・・・

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220613000058j:image

 

 

 

アウターバレルはココまでしか入りません。

ツンツルてんのズボンみたい・・・

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220613000116j:image

 

 

 

 

バレルジャケットを切断して

パフォーマンスセンターのアウターバレルに

合う長さに調整する必要がアリマス。

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220613000034j:image

 

 

 

 

ざっくりと長さは・・・こんなもんか

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220613000101j:image

 

 

 

パイプカッターで切断します。

真鍮だから中々切れない・・・

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220613000031j:image

 

 

 

切れたッ・・・

(;´・ω・)

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220613000113j:image

 

 

 

ジャケットの根元がキズだらけ

パイプカッターの刃がボロボロで

うまく回らなかったから

プライヤーでつかんで強引に回したの。

そしたらココがキズだらけに(泣)

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220613000052j:image

 

 

 

これが使ってたパイプカッターの刃

周辺がガタガタで切りづらい事この上なし

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220613000045j:image

 

 

 

続いてアウターバレルを加工します。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220613000124j:image

 

 

 

以前タナカアウターバレル⇒マルシンへの

記事でも紹介しましたが、

タナカワークスのアウターバレルは

ココを切削して平らにする必要がアリマス。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220613000110j:image

 

 

 

カットしてきました。

柔らかい樹脂でできているので

ハンドソーで簡単に切れます。

ワタシはこの手の樹脂を切断するのに

ダイソーの金属用のこぎりを使ってます。

 

理由は刃の目が細かくて

キレイに切ることが出来るからです。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220613000043j:image

 

 

 

カットしたバレルジャケットを被せて

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220613000020j:image

 

ドライファイヤしてバレルの動きと

フォーシングコーンの動きを見ます。

 

うん、問題なく動く。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220613000104j:image

 

 

 

あ~あ・・・キズだらけだ。

相変わらず進歩がないオレ。

(;´・ω・)

 

 

 

アウターバレルを突っ込んで

カスタムの天王山を乗り切っ・・・

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220613000119j:image

 

 

 

んあッ!

(;・∀・)☆

 

 

 

 

なんと切断する長さを間違えて

アウターバレルが入らず。

もう一度切断する羽目に・・・

 

 

 

 

もう一度あの硬い真鍮を切るのか・・・

しんどいな・・・

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220613000055j:image

 

 

 

 

アルミに変更しました(笑)

これも家に余ってたから。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220613000040j:image

 

 

 

今度はバッチリだ。うん。

 

 

 

バレルもスコスコだぜ。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220613000121j:image

 

 

 

 

この状態でアウターバレルを

仮組してみることにした。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220613000037j:image

 

 

 

 

上から差し込むだけ。

ワタシのカスタムは手の込んだもの

一切なしなので、本当にお手軽デス。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220613000023j:image

 

 

 

よし・・・しっかり入った。

アウターバレルとフレームも隙間なし。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220613000028j:image

 

 

 

 

まだ仮組だケド、イイ感じ。

 

 

パフォーマンスセンター化は

次の記事へと続くのだ